■プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

■最新記事
■カテゴリ
■カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■検索フォーム

■リンク
顎関節症とパンジー・ビオラの種まき

先日、歯医者に行った。左の顎が急に痛み出しアクビもろくに出来ないので親知らずかもと思ったのだ。しかしレントゲンを撮ってみると親知らずはなく、それどころかその周囲に虫歯すらなく、歯医者いわく「顎関節症かもね」。
顎(がく)関節症!?

なんらかの原因で顎に負担がかかりすぎると間接が炎症を起こし、それにより口をあけると痛い、カクカク音が鳴るといった症状が現れる病気。らしい。

その歯医者は自分には詳しいことは言えない。紹介状書くから大学病院に行けと言うのだが、どうせヤブを紹介されるのがオチだし、そんな時間もないので断った。

その二日後、近所の奥様に「顎が痛いから歯医者に行ったんですよ」と言ったら、「顎関節症でしょ」とズバリ言い当てられた。「ええっ何でわかんの?顔変形してる?」・・・と焦っていると、自分の娘と息子二人(ともに社会人)も親知らずかと思って歯医者に行ったら顎関節症と言われたという。その娘と息子は今でも顎関節症に悩んでいて、治ったり再発したりを繰り返しているらしい。

治ったり戻ったりを繰り返すのはストレスが主な原因だから、というのはその奥様のオピニオンなのだが、事実、今現在僕の左顎尾は快方に向かっている。先週はものを食べても左の歯で咀嚼できなかったが、今では普通にモグモグ出来る。
その話を聞いて不安が軽減されたからか、それとも寝る前に効果があるかないか分からないまま割り箸を噛んでいるのが功を奏したのか。。
いずれにせよ大事にならずに済んでよかった。放っておいて治るならこれに越したことはない。

そんなわけで、色々あってつい園芸がおろそかになりがちな今日この頃なのだが、とりあえずパンジーとビオラの種だけはまいた。(前置き長ぇ)

パンジー・ビオラの種は小さいので、1ポットに2、3粒なんて割合でまいているとポットがいくつあっても足りやしない。面倒くさいから1ポットに1袋まいた。大丈夫、「ダイソー」で買った2袋100円の種だから、中に入っている種自体が少ないのだ。発芽率だってせいぜい60%である。
・・とか言ってると全部発芽したりするんだよね。そしたらフォークですくって移植します。



☆クリックしてもらえると励みになります☆
バナー5

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

僕のネットショップです。
brightside82.gif
関連記事


未分類(日常、随筆) | 20:07:56