■プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

■最新記事
■カテゴリ
■カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■検索フォーム

■リンク
うちのコキア・・・
こんなものを人様に見せてもしょうがないのだが、うちのコキアである。

そもそもコキアを植えたのは、以前、茨城県のひたちなか市にある「国立ひたち海浜公園」で群生したコキアを見たのが忘れられなかったため。(コレ↓)

憧れのコキアの種を見つけたときは大喜びし(いま思えばどこにでも売っている)意気揚々と種まきしたものだった。(当時は園芸一年生だったのだ)
そのこぼれ種が庭じゅうに飛散してあちこちから芽が出ているのだが、どういうわけか全体的に茎が太く、葉が少なく、全然ふわふわしていない。コキアを育てたことのある人なら、「これはコキアではない」と言いそうな代物なのだ。
これじゃ箒にもならない。
コキアは別名箒草(ホウキソウ)とも呼ばれ、乾燥させた枝を箒として使うことが出来る。確かに、本当のコキアはもっと枝が細かく、しなやかだろうから、それも可能だろうなと思う。しかしうちのコキアは初年度からずっとこうなので、箒にするなどと考えたこともない。
ちなみに種は「とんぶり」としておいしく食すこともできる。山芋とかに混ぜて食べるあの、プチプチしたやつね。美智子様があまりの美味しさに思わずおかわりされたという伝説(?)が残る秋田県の特産品。
しかもコキアは紅葉までする。上に紹介した「国立ひたち海浜公園」、秋に行くと凄い光景を目にすることが出来る。丘一面に植えられたコキアが真っ赤に色づいた様は圧巻。。の一言である。
箒にはなるわ「とんぶり」にはなるわ、おまけに紅葉まで楽しめるわ、一本三役のとんでもない植物である。

うちのコキアは煮ても焼いても食えないけどね・・・・。(T_T)


☆クリックしてもらえると励みになります☆

banner (57)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

関連記事


ガーデニング | 23:49:20