野田には「KY」と言わないメディア

野田首相が民主党代表戦に立候補したそうだ。
首相就任当初彼は「ネバーネバーネバーギブアップ」と言った。ボクシングの場合、選手が諦めないときは場外からコーチがタオルを投げる。タオルが投げ込まれるとその選手は自動的に負けになる。
しかしコレは政治だ。しかも民主党の政治だ。ボクシングにはルールがあるが、民主党の政治にルールはない。レフェリーすらいない。いるのは程度の低いファシストだけである。もはや戦う「ふり」すらしなくなったにもかかわらず、彼らはリングから下りようとしない。すべての力を振り絞ってロープにしがみつき、ゴングが鳴るのを待っている。
「ネバーネバーネバーギブップ!」と自分に言い聞かせながら。

誰かがタオルを投げなければならない。しかし国民にはタオルを投げる機会は限られている。自民党政権だと、誰が頼んだわけでもないのにタオルが手元に用意され、妥当なタイミングで「投げる機会」がやってきた。メディアが用意してくれたからである。「さあ、まだ頑張ってるようだけど、もう見飽きたから、このタオルを投げて自民党の政治を終わらせましょうよ」と。

そうやってこの「悪夢」は始まったのである。
しかしどうしたことか、自民党政権時代にはあれだけ「権力のチェック機関」「国民の代弁者」を気取っていたメディアが、いまはただ突っ立って見ているだけ。誰もが「サポーターに信を問う前に国民に信を問え!」と思っているはずなのに、その声はせいぜいネットの掲示板や動画のコメントの中だけで終わってしまう。

現在、自民党総裁選への出馬がささやかれている安倍元総理は、かつて「KY総理」と揶揄された。07年の参院選で惨敗したにもかかわらず総辞職せず改造内閣を発足させたからだが、安倍元総理が「KY」なら、今のメディアならびに野田総理は一体何なのか。
麻生元総理も「KY」と言われた。おまけにただKYなだけでなく、「漢字・読めない」のKYでもあると馬鹿にされた。ネットや動画サイトの話ではない。テレビの中でそうやってからかって笑っていたのである。大の大人が。しかも朝から。
そんなワイドショーや報道番組を見ていて、一国の総理をここまでコケに出来るのかと、その卑劣さ、醜さに吐き気さえ覚えたものである。
いま、「イジメ」の問題がクローズアップされているが、それはまさに「イジメ」以外の何物でもなかった。「イジメ」が言い過ぎなら、「イビリ」「嫌がらせ」「揚げ足取り」「ハンドリング」「妨害行為」でもいい。なんにせよ、そのくらいメディアの「自民降ろし」はすさまじかった。自分たちが重箱の隅をつついて世相を混乱に陥れておきながら「また国会が空転ですよ、もういい加減にしてもらいたいですね」などとシャアシャアと言ってのけていたのだ。そんな「嫌麻生」「憎麻生」の空気にフリーライドした枡添のようなアホが希望の星のように扱われたりした。

野田首相は漢字の読み間違えこそしないかもしれないが、時勢を読み間違えている。外交を読み違えている。決断するタイミングを、引き際を、世論調査の内容を読み違えている。
それでもタオルを用意しないメディア。もし同じことを自民党政権がやったらどうなっていただろう。それはもう大変な騒ぎになっているはずだ。連日連夜あらゆる手を使って世論を選挙へと向かわせているだろう。
しかし今じゃ「街の声」さえろくに紹介しない。こういう声しか紹介できないからだ。
少し前、こんな街頭インタビューを見た。マイクを向けられていたのは八百屋の主人らしき男性。彼は「今の政権に対してどう思うか」という問いに
「国のためでもない。党のためでもない。国民のためでもない」
と指を一本ずつ折りながら言った。レポーターが「では何のため」と訊くと、肩をすかし、
「自分のためじゃないですか?」と苦笑しながら言った。

あれほど嫌われていた麻生元首相でさえ「自分のためじゃないですか」とまでは言われなかった。なぜか?簡単だ。そう見えなかったからである。漢字の読み間違いが多かっただけで、自分の保身、自分の当選、自分の訳の分からん信念、誰もリクエストしていない有難迷惑以外の何物でもない自己満足的な信念のために、権力にしがみついたりはしなかったからである。
そんなこと平気な顔で出来るのは、民主党の議員だけである。

日本人なら、「恥」を知っているから。

☆クリックしてもらえると励みになります☆

banner (47)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

関連記事

2012.09.08 | | 政治

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム