アイビーゼラニウムとカラミンサの挿し芽

5月下旬に事務所のブロック塀にゼラニウムとインパチェンスを寄せ植えたプランターを3つ掛けたのだが(→コチラ)そのゼラニウムが二株ほど残してあとは全部枯れてしまった。インパチェンスが生きてるのと、一緒に植えたアイビーとポーチュラカが茂ってくれているのでそれほど見苦しくはないのだが、塀の上を花で真っ赤に染めようと思っていただけに残念である。
なんでもゼラニウムというのは30℃を超えると極端に元気がなくなるそうで、そう言われてみると確かに、我が家のアイビーゼライウム(↓)もなんとなく辛そうである。

その証拠に花が少ない。
でも茎と葉は元気なので、こいつを少し切って挿し芽にし、事務所のプランターに移植しようと思う。花が咲くかどうか分からないが、ゼラニウムの挿し芽は以前にもやって成功したので多分大丈夫。
適当なプランターにバーミキュライトを入れ、水を含ませる。

茂りすぎたカラミンサ(↓)も剪定ついでに挿し芽しておく。外のストリートガーデンに植えてあるのだが、トタンをくぐって内庭まで侵入している。

ストリート側から観た図。

でもこのまえびっくりしたけど、カラミンサって買おうとすると結構高いんだよね。298円とか。うちはご覧の通り、雑草状態。

切ってきた。

ゼラニウムは上の数枚だけ残してあとの葉っぱ(下葉)は落とす。カラミンサはこのままでいいかな。(カラミンサの挿し芽は初めてである)

さて、上手く根が出るかな~。(すでにゼラニウムぐたーってなってる訳だが)
日陰に持ってってやるか。。

☆クリックしてもらえると励みになります☆

banner (3)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

関連記事

2012.09.01 | | ガーデニング

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム