銅メダルの国。からの脱却

ロンドン五輪が閉幕した。日本は過去最多となる38個のメダルを獲得したそうだ。しかし僕だけだろうか?「メダルラッシュ」と言われてもピンと来ないのは。
メディアは二言目には「良くやった」「盛り上がった」というが、僕の周りで盛り上がっていた人は一人もいない。話題にはするが、あくまで気まずさを紛らすためだったり、他に話すことがなくなったりしてわざわざ話題に「する」のであって自然と「なる」ほどではなかった。

そういえばこんなこともあった。先日、偶然立ち寄った温泉施設の露天風呂にテレビが設置されていて驚いた話を書いたが(コチラ)、一緒に露天に入っていた他の客たちがニュースが終わってオリンピックの中継に切り替わるなり一斉に湯から上がって行ったのである。谷垣総裁と野田首相のトップ会談決定のニュースの方が日本チームの活躍より観る価値があると言わんばかりであった。(それはそれで健全だが)

メダルラッシュなのにイマイチ盛り上がらない。このメディアと国民の温度差の原因は何か。

簡単だ。金メダルの数が少ないからである。

キレイゴトは抜きにして言わせてもらうと、毎日毎日「銅」「銅」「銅」たまに「銀」なんて報告を受けていると、国民としては萎えてくるのである。しかもやっと獲った金メダルが相手の反則による「ごっつぁん金メダル」だったり、団体ではヘナチョコだったやつが個人でいきなり豹変してパーフェクトな演技披露の「独り勝ち金メダル」だったり。(チームメイトの立場は?みたいな)

そんなビミョ~な「メダルラッシュ」でも、「もともと特別なオンリーワンだから一位になんかならなくていい」と信じている人なら毎日が祝賀パーティーだったかもしれないが、僕はそういう人間ではないのでテンションは下がる一方だった。なでしこを筆頭に、卓球、バドミントン、バレー、水泳などで女子が快挙を連発してくれたからまだなんとか観る気が起きたものの、これが男子だけだったらとっくに不貞寝(フテネ)していただろう。

 

僕にだって選手をねぎらう気持ちはあるし、銅メダルも立派なメダルだと思う。どこかの国の人々のように失敗した人の背中に大勢で寄ってたかって石を投げつけたりしないのが、日本人の美徳でもあるとも思っている。しかし、メディアは手放しに称賛しすぎではないだろうか。
特に、
各国のメダル獲得数の表すら見せないのはどういう訳か。



この表が意味していることは一つだけであり、それゆえにテレビ等ではあまり紹介されないのかもしれないが、その意味しているものとは即ち
「金を獲らなきゃ意味がない」
ということだ。
順位を見れば分かる通り、メダルの総獲得数では日本は韓国より10個も多いのに、10位以下に甘んぜられている。韓国の方が金メダルをたくさん獲っているからである。要するにメダル獲得数とはイコール「金メダルの獲得数」なのである。
まあ、見せたところで気分が萎えるだけかもしれないが、これが現実なのだからしょうがない。その現実を見て見ぬふりして「メダルラッシュ」「すごいぞ日本」なんて欺瞞以外の何物でもないだろう。
ねぎらうのは当然だが、個人的には手放しで礼賛する気にはなれない。
日本はすごくない。
まずはそう認める勇気を持つべきじゃなかろうか。
これでいいんだよ、そのままでいいんだよ。
こういう言説ほど無責任なものはないのだから。



☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (54)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花ブログ 自己流ガーデニングへ
にほんブログ村

関連記事

2012.08.13 | | 未分類(日常、随筆)

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム