一つになった日本

統一地方選が行われた。結果は自民圧勝、民主惨敗である。
自民・民主の対決型選挙となった東京、北海道、三重のいずれの知事選でも自民が勝利を収め、さらに、41の道府県議会選挙でも民主党獲得議席は346と、自民党の1119の3分の1にも満たず、政権政党としてあり得ない結果に終わった。
こんな見事な負けっぷりも珍しい。
先日の世論調査では管内閣の支持率が微増しており、どうなることかと思っていたが、国民はそこまで馬鹿ではなかった。
ACのコマーシャルではないが、まさに日本中が民主党という「復興の障壁」を取り除くために「一つのチーム」になったのである。国民の声は「GET OUT!」(出てけ!)であり、「STAND UP!」なのだ。つまり、「民主党はもういい、自民党よ、どうにかしてくれ」ということだ。いや、そこまでポジティブに自民党を選んでいる有権者がどれだけいるか疑問なので、もっと切実に、「民主党でなければ誰でもいいからどうにかしろ」と言った方が適切かも知れない。
いずれにせよ、大半の国民が民主党に愛想を尽かしていることだけは確かである。となれば菅総理にはこの声を真摯に受け止め、一刻も早く自民党に政権を委譲するか、それが出来なければ荷物をまとめてどこか離れ小島にでも旅立ってもらいたいものである。


関連記事

2011.04.11 | | 政治

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム