ベンジャミン復活、ヒポエステスとユーフォルビアのハンギング

3月頃、突然パラパラと葉を落とし始めた我が家のベンジャミン。居間から外に出してやること一か月・・・。新しい葉をつけ始めた。どうやら少し元気になったようだ

もっとも、反対側はこの通り。同じ角度で置きっ放しにしてたからか。。こまめに回してあげなきゃ駄目だね。

それにしても、急に葉を落とし始めるの、心臓に悪いからやめて欲しい。それも、もうじき春が来るよってタイミングで。
よく考えてみると、去年も同じことが起こった。これは習性だろう。・・・と思って色々調べたら、やっぱりそうだった。僕と同じように、突然葉が落ちて「ええええ」ってなっている人は大勢いて、各種相談箱や掲示板に救いを求める投稿がたくさんある。それらを見ると、ベンジャミンは気候の変化に対応するために自分で葉を落とす習性があるらしいことがわかった。季節の変わり目に多いようだが、エアコンや暖房等によって温度差が激しくなったり、また単に水切れ、水のやりすぎ、日照不足によっても葉を落とすらしい。病気ではなく習性なので、むしろ葉を落とすうちは健康な証拠だという。本当にヤバイ時は葉すら落とさないらしい。

さて、こちらは種から育てたサルビア・アルテミス。そろそろ地植えかな。

これらも種から。サルビアとニチニチソウ。
 

これはインターホンの上にぶら下がっている、ユーフォルビア(ダイヤモンドフロスト)とヒポエステスのハンギング。

ヒポエステスは個人的にとても気に入っている。最初見たときは新種のコリウスかと思ったのだが、コリウスがシソ科なのに対し、こちらはキツネノマゴ科。キツネノマゴって何?って感じだが、同科の代表的な植物はアカンサス、コエビソウ。両方知らねー。(-_-;) とにかくコリウスとは全然別種。葉っぱもよく見ると違う。。。
多年草なので、毎年楽しめる。挿し木で簡単に増やせるらしいのでやってみよう。

おまけ
放置していた、雑草だらけの鉢にこぼれ種で発芽したらしいインパチェンス。

お金出して買ってきた苗より可憐な花を咲かせるのですね。こんちくしょう。


☆クリックしてもらえると励みになります☆

banner (53)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花ブログ 自己流ガーデニングへ
にほんブログ村

関連記事

2012.06.21 | | ガーデニング

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム