亡国内閣、延長決定

結局、内閣不信任案は否決された。

ギリギリまで賛成の立場だった鳩山が土壇場で寝返り、これを受けて小沢が採決を欠席。「自主投票で」との小沢の指示に従い小沢派の議員も賛成票を投じた。
管首相は「一定のめどが付いたら辞める」と言い、マスコミも「管首相辞意表明」と報じたが、これは辞意表明などではない。「一定のメドがつくまではやる」という決意表明である。そしてその「メド」だが、何を持って「メドが付いた」とするのかよく分からない。原発が安定したときか、それとも避難民全てに仮設住宅が行き届いたときか、それとも復興景気なるものを肌で感じられるようになったときか?
鳩山前首相は「二次補正予算の成立と引き替えに身を引くことで合意した」と代議士会で語ったが、閉会後、岡田幹事長は「二次補正予算成立は首相退陣条件ではない」と鳩山案を斬って捨てた。そんな話は聞いてないと言わんばかりに。つまり、管直人に辞める気はさらさらない。造反を押さえるためにその場しのぎで鳩山案を呑んだだけの話で、喉元過ぎれば熱さ忘れる。
不信任案は慣例上一国会に一度しか採決できないから、管直人が鳩山との合意を「なかったこと」にしさえすれば、それで終わり。もはや自民党はもとより、民主党にさえこの独裁者を首相の座から引きずり下ろす手立ては失われたのだ。

そもそも、管が「二次補正予算成立を持って職を辞する」と明言しなかった時点で鳩山は意を決すべきだった。それなのに、のこのこ手を挙げて管の援護射撃を始める始末。自分が空手形をつかまされていることにすら気付いていなかったわけだ。「どこまでお人好しなんだ!」と観ていて絶望的な気分にさせられたが、こんな、およそ交渉や取引というものを理解していない人間に多少なりとも期待した僕が馬鹿だった。普通の政治家だったら、「二次予算成立を持って職を辞する」と管に明言させたはずだ。それもさせずに、口約束を信じてあっさり拳を下ろすオメデタさ。もうさんざんこの国を引っかき回したんだから、いい加減宇宙に帰ったらどうだ??
勝ちに行っていた小沢は鳩山の寝返りによって勝算が消えたのをみて採決を欠席した。政治家としては正しい判断だったかも知れないが、個人的には玉砕覚悟で突っ込んで欲しかった。親方様の意に逆らって単身賛成票を投じた松木謙公はアッパレというほかないだろう。男である。
その一方で、あれだけ賛成を表明していた原口元総務大臣は寝返り、見事「キング・オブ・チキン」の称号を獲得した。
めでたしめでたし。


関連記事

2011.06.02 | | 政治

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム