ナメトールとグリーンベイト~本気の害虫対策~

うちの庭は地面が土だからか、やたらと虫が多い。かわいい虫はいない。益虫もいない。ほぼすべて、目にすると不快になる害虫である。手の甲とかにひっついていたりすると「ぎゃー!」と叫びたくなるような虫である。つまり、ナメクジやダンゴムシ(ゾウリムシ)、ネキリムシ、ケムシ、コガネムシの幼虫などなどである。
気温とともに湿度も高くなってくるこの季節、僕の頭の中はそんな虫たちをいかに「見ないでも済むようにするか」で一杯になる。
ネキリムシやコガネムシの幼虫は数はそれほど多くないし、土の中にいるので見ないでも済ませられるが、ナメクジやゾウリムシはそうは行かない。このGW中に僕が捕殺したナメクジの数は数十匹に上る。夢にまで出てくる。もう園芸やめたい。逃げ出したい。キレイなおうちに住みたい!神龍(シェンロン)に頼んでこの世から消してもらいたい!とつくづく思う。僕は虫が嫌いなのだ。
ナメクジに関しては、去年も一昨年も忌避剤を買ってばら撒いていた。今年もそうした。しかし忌避剤では埒が明かないことが最近明らかになったので、今年はこういうもので攻めることにした。

ナメトールとグリーンベイト。
ナメトールは名前の通りナメの殺虫剤。誘引し、食べさせて見えないところで☆になってもらうという代物。天然成分由来なので人にも植物にもペットにも安心。雨にも強い。ただし1キロで2280円(コメリ価格)と高額である。正直、「やってられっか」っていう値段だが、そのくらい目にするのがイヤなのです。
一方、グリーンベイトはというと、主にダンゴムシ、ゾウリムシの誘引殺虫剤。ナメの図も描いてあるのだが、まだ使っていないのでそちらの効果のほどは未知数。一部口コミではダンゴには効果てきめんだがナメには効果は薄いとか。こちらは2キロで1240円と割安なのだが、雨に当たると効果が半減する。あと天然成分由来ではなく、また、薬剤が緑色らしいので散布したあと見た目的にどうなるのかちょっと不安。
これらを選んだのは、上にも書いたとおり、忌避剤では埒が明かないのと、殺虫剤でも家庭園芸用のものだと容量が少ないうえに高価だから。そんなものを買ってきては撒いて、また買ってきて、を繰り返していても、お金の無駄だし効果も薄いので、いっそプロ仕様(?)の薬剤でドカーンと総攻撃を掛けたらどうかと。。大容量なので長い目で見たらこちらの方が経済的だし。。

さっそく、日が暮れてからナメトールを庭のあやしい部分にパラパラっとまいてきた。
効果があるか分からないが、気分はだいぶ楽になった。(^^♪

******************************************************************************
追記:使用し始めて二週間経過 ―・・・。
まずグリーンベイト、地面だけでなくブロック塀にまで貼りついていた無数のダンゴ、二日で消えた。ナメも食べてるとこ目撃したし、双方に効果があるようだ。ただし死骸に蟻がたかるので放置せず早めにホウキ等で掃いた方がいいかも。緑色の粒材も、思ったほど目立たなかった。水には弱い。

ナメトールも個人的には◎だ。誘引力は大したもの。早朝など、いそうな場所にパラパラして見ていると、出てきます。そこを捕殺したり。。鉢を持ち上げたりして偶然発見しても、明らかに弱っていて瀕死状態だったりする。一回撒いただけだが、数は明らかに減ったと実感できる。より活発になる梅雨に向けて、週に一度は撒こうと思う。

☆クリックしてもらえると励みになります☆

banner (54)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花ブログ 自己流ガーデニングへ
にほんブログ村





行政書士 産業廃棄物 許可

関連記事

2012.05.05 | | ガーデニング

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム