希望の歌

亡命
1・政治的弾圧や思想の相違、宗教・人種的な理由による迫害を避けるために自国から外国へ逃れること。
2・戸籍を抜けて姿をくらますこと(Yahoo!辞書より)

 

最近、この言葉がよく頭に浮かぶ。亡命・・・。もちろん本気ではなく、あくまで空想として、僕はこの国を捨てることを考える。行くならどこがいいか、アメリカ?イギリス?イタリア?いやいっそのことアラスカのダッチハーバーで明太子用のスケトウダラ漁でもやって暮らそうか・・・。

 

紛争や戦争で国外退避を余儀なくされた場合を除いて、人が祖国を捨てようとするとき、そこには他人には想像もつかないほどの絶望と悲しみが渦巻いていると僕は思う。何かをきっかけに自分と祖国とを繋ぐ「絆」のようなものがプツリと切れ、国の未来に一縷の希望をすら見いだせなくなったとき、人は祖国を捨てる。
画家の藤田嗣治しかり、作家のソルジェニーツィンしかり、映画監督のアンドレイ・タルコフスキーしかり・・・・。
しかし彼らの作品を見たり読んだりしても、国を失うというのがどういうことなのか、僕にはよくわらなかった。その悲しみや祖国への失望・怒りは理解できても、そこまで行ってしまうということに、僕は正直違和感さえ覚えたものだ。藤田など、最初は軽い軽蔑さえ抱いた。
しかし今、僕には彼らの気持ちがわかる。たとえ彼らの百万分の一だとしても、自分の中から祖国が消えていくのを、祖国と自分の距離がどんどん開いていくのを、いま、僕はひしひしと感じている。「ああ、こうやって人は祖国を見限るのだな」という実感を持てるようになった。
管直人に感謝することがあるとすれば、それは、国を失うということがどういうことか教えてくれた、ということだ。

 

前向きに生きる努力はしている。こんな暗黒時代でも、身の回りには案外ほっとするような言葉や<救いのメッセージ>が隠されているもので、それらが僕の心で小さな「希望」の芽を生やす。

「完璧な文章などといったものは存在しない。完璧な絶望が存在しないようにね」

-村上春樹「風の歌を聴け」

「今朝ダートフォード駅で、小学校のとき知り合いだった奴が声をかけてきた。チャック・ベリーのレコード全部を持っていた。ミック・ジャガーって奴だ」
-キース・リチャード自伝「LIFE」の一文

 

look at the bright side (物事の明るい面を見ろ)
-うちの奥さんが着ているTシャツにプリントされていた文字

 

bright side という言葉が僕は好きだ。これはヴァン・モリソンの「bright side of the road」という曲による。「bright side of the road」・・・直訳すると「道の明るい側面」

 

通りの暗い端から 日向へ
そこで僕たちは恋人に戻る
一緒に来ておくれよ
二人でこの日向道を歩いてくれないか
僕たちがいまいるこの世界
僕は時々何が何だか分からなくなるんだ
だって、あまりに時間が早く過ぎてゆくから
ホント、瞬く間にね

 

でも君となら楽しめると思うんだ
君が僕の歌の源なんだ
だから通りの暗い影から日向へ行こうよ
(オリジナルの意訳です)

 

たった一人のファシストの白痴政策によって日本はもう日陰どころか暗黒の底に叩き込まれてしまったが、この歌を聞けば少しは楽になる。いつか日向へ行けると信じてこの絶望を乗り切ろう。



simpsons_ba
関連記事

2011.05.29 | | 未分類(日常、随筆)

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム