ストリートガーデンまとめ

スコップも刃が立たない、石粒だらけの道端を耕し、強引に「ストリートガーデン」と名付けて十ヶ月あまり―・・・。
イギリス人園芸家・ポール・スミザー氏のいい加減な種まき方法を模倣してコスモスの種をばらまいたのから始まり、(→コチラ
数ヵ月後、さらにローマン・カモミールとペンステモンを播種。(→コチラ
カモミールは一応発芽はしたものの、大半は雨に流されたか風に飛ばされたかして芽が出ず、ペンステモンにいたっては雑草にまぎれて判別不能というマヌケな結果に終わった(→コチラ)。
そして今度の挑戦!
一か月くらい前に立木性のローズマリーの苗を買ってきて植えてみたところ・・・

どうやらこれが上手く行ったらしいのだ☆
明らかに買ってきた時より背も伸びているし、先日の大風にもびくともしなかった所を見ると、根付いたっぽい。
ちなみに地面はこんな感じ。↓

ほとんど掘れないので、植えると言うより株の根をほぐしてよく土をとり、えぐった石ころの間に押し付けた、という感じだった。それでも根付いてくれたのが嬉しすぎる。もともとローズマリーはロックガーデンなどにも使われる乾燥を好む植物。また、潮風のばんばん吹きつける海辺の庭でも元気に育つというから、多少石粒が多いくらいなんてことはないのかも知れない。

同じくストリートガーデン。
12月に植えたフリージアと原種チューリップもこの通り。砕石混じりの硬い土からでも芽を出した。果たして花は咲くのか気になるところ。


クリックしてもらえると励みになります!

banner (21)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村

関連記事

2012.04.05 | | 無茶な園芸(ストリートガーデン)

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム