庭樹園 グリーンテラス(東京都練馬区)

久しぶりの園芸店巡り。といっても、このお店は行こうと思って行ったのではない。実は今日、東京の練馬に用事があって車を走らせていたら、偶然見つけたのである。「へえ~、東京にも結構大きめの園芸店があるんだなあ」なんて横目に見ながら走りすぎ、用事を済ませた後、帰りに寄ってみた。
庭樹園・グリーンテラスというお店。
まず嬉しいのが東京の住宅街にありながら、しっかり駐車場があるところ。それほど広い駐車場ではないが、5~6台は置ける感じだった。

さて、一歩足を踏み入れると、こんな感じ。「ここ、東京だよね?」と思うほど広く、有機的な空間が広がる。

  
ひとり、一所懸命床を掃いているオジサンがいたのだが、店の感じからして、恐らくその人が店主と僕はみた。というのは、店の外装、内装に、どこかいい意味での「ルーズ」な感じを受けたからだ。(雑、という意味ではない)
言うなれば「男の遊び心」。「隠れ家」的な魅力。たとえば、
庇の上にセダムを生やしていたり、

流木をアクセントに使っていたり、

なぜか井戸があったり・・・。
 
さいたま市に「フローラ黒田園芸」という人気店があるのだが、そこと雰囲気が非常に似ている。そして黒田園芸の店主もまた、男である。
こういう「無駄なもの」に面白さを見出すセンスは女性より男性の方が強い。女性の店主の場合は、まず見た目の清潔感や「繊細さ」が第一で、ともすればそれを損ないかねないこのような<遊び>は二の次、三の次になりがちだ。やっても部分的な場合が多い。
繊細さも清潔感も確かに大事だが、僕としては白を基調にした、<小奇麗だけど値段の張る店>より、どうせ値段の張る店なら、<見ていて楽しく歩き回れるような店>が好きだ。そう、迷路のような。
このグリーンテラスはまさにそういう迷路的な、「楽しい店」である。何枚か、「走らないで」と書かれた札を目にしたが、なるほど、確かに子供を連れてきたらはしゃぎそうな店である。
店内も清掃が行き届いているしディスプレイの寄せ植えもセンスが良く、雑貨、小物も充実している。

ブドウのイルミネーション。これ、欲しかった。

イタリアから輸入した種と、土に帰る鉢。
  
色々園芸店を巡ってきたが、まさか東京23区内にこんな素敵な店があるとは思わなかった。偶然とは言え、いい発見をした。客の質問に答える店員さんの語り口や態度、表情もよかった。
また行きたい店だ。

クリックしてもらえると励みになります!

banner (16)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村

関連記事

2012.04.02 | | 園芸店めぐり

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム