「当たり前」ではない腐葉土・堆肥

某ホームセンターのトイレ脇の掲示板。腐葉土・堆肥等の安全性を訴える紙が貼られていた。

わざわざ足をとめて読む客はいない。
8月1日に政府が基準値を示し、いったんは店頭から姿を消した腐葉土や堆肥も秋までにはまた元通り販売されるようになり、園芸分野に関する限り放射能に対する不安は一時期に比べてだいぶ薄まった。今となっては、腐葉土や堆肥を買うのにいちいち産地を調べたり店員に質問したりする人は少数だろう。
これは検査に検査を重ね、袋に安全性を保障するラベルを貼ったり、店内放送や張り紙などで消費者の不安を取り除く手間を惜しまなかった製造業者やホームセンターの努力の賜物と言っていい。
でもこうやってまた普通に売られると、(僕も含めて)それが当たり前だと思ってしまう。原発事故によって、これまでの「当たり前」などいとも簡単に崩れてしまうことをあれほど味わったというのに。
まあ、必要以上に不安がって、「自分で作った堆肥じゃなきゃ怖い!」と目の色を変えて馬鹿でかいコンポスト(堆肥化容器)を買いに走ったりする人よりは、「当たり前」だと思うくらいが人間らしいのかもしれないが、この前も銚子付近を震源とする比較的大きい地震があり、ニュースキャスターが「茨城県の東海村原発は・・・」と口にした瞬間、ギクっとしてしまった。
僕は基本的には原発賛成派で、再稼働にも賛成なのだが、もし再稼働するのなら、(事故は)「ありえない」ではなく、「いつでも起こりえる」という認識でやってもらいたい。管理する側がそんな弱音を吐いては住民が不安に思うだろう、という理屈で今までは「ありえません」の一本槍でやってきてこのザマなのだ。「もしかすると明日爆発するかも」くらいの恐怖心を電力会社各社には共有して欲しい。
腐葉土だって、それが売られているのが「当たり前」ではもうなくなったのだから。



クリックしてもらえると励みになります!
kibito.gif

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村

関連記事

2012.03.23 | | 放射能・汚染腐葉土

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム