はい、ロスト・ジェネレーションです

今週の「週刊現代」(5/21日号)に、日本総研理事長の寺島実朗と評論家の佐高信の対談が載っている。その中で寺島氏が、現政権の無能を<世代的な問題>と批判していて、それが僕には新鮮だった。寺島氏は管直人や鳩山前首相、仙谷由人元官房長官と同学年らしく、世代でくくるとガチ「団塊の世代」。この国難にあって、いま「団塊の世代と呼ばれている人間の真価が問われている。もっと言えば、戦後なるものの本質が問われている」と同氏は主張する一方で、これが今のところ全く期待出来ないことを嘆く。以下引用。

 

「菅さんというのは、戦後日本人のひとつのタイプを象徴しています。戦後民主主義の中で育ち、市民運動とかリベラルといったものを吸収してきた。そして、その時代その時代の注目されるテーマ、薬害エイズ問題とか諫早湾の干拓とか、そうした市民受けするテーマに乗っかって「皆さん、そう思いませんか」とメッセージを出す。菅さんのような周囲の人を駆り立てる側にいた人物は、組織の下支え経験や問題解決のためのプロセスに呻吟することもなく、薄っぺらな戦後なるものを体にあふれさせている。そんな風に団塊の世代が終わってしまうのかどうか。もしかすると、この世代は本当の危機に直面したときに解決に立ち向かう力がないことを露呈しているんじゃないか、というのが現政権に対する印象なんです」

 

たとえ同世代であっても、普通なら「俺はあんな連中とは違う」と一蹴したくなるところを、寺島氏は「私自身も他人事ではない」と反省し、潔く「この世代は本当の危機に直面したときに解決に立ち向かう力がないことを露呈しているんじゃないか」と認めてしまう。自分の世代を批判するということは、すなわち自分を否定することにもつながりかねないのに、敢てそれをする寺島氏の潔さに男気のようなものを感じる。対談相手の佐高信も「あんな馬鹿と一緒にするなよ」と言ってもよさそうなのにぐっとこらえて、自身も市民運動に関わった経験から「市民運動は軽い」とプチ反省。オトナである。僕なら「冗談じゃねえよ」って言うね。

それにしても、民主党上層部の無能さを「世代」によって分析している人を見たのは初めてである。やはり、あまりにも無能すぎて「あんなやつを団塊の世代の代表みたいに言うのは、さすがに他の団塊の人に失礼だろう」という遠慮が他の世代にもあるからだろうか。

 

ちなみに僕は1980年代の前半生まれで、世代名としては「第三期氷河期世代」とか「ロストジェネレーション」とかいうらしい。でもど真ん中ではなく、なんか申し訳程度に入っている感じで、じゃあ「ゆとり世代」かというとそこまで若くもなく、非常に中途半端な位置にいる。かといっていくらガチでも「酒鬼薔薇世代」ってのもなあ・・・・。
まあ、「ロストジェネレーション」(失われた世代)というのは文学的でいいなと思う。もちろん僕たちの世代にはフィッツジェラルドやヘミングウェイのような代弁者はいない。でも、呼称としてはしっくり来る。「うん、失われてたよな」と思う。なにが?って、青春がさ。「今」がさ。
新しいもの、面白いものがまるでなく、目に映るもの全てが既視感に溢れていた。キラキラ光って見えたものは、手垢の付いた中古レコードと昔の映画。「今」にあまりにも魅力がないから、僕は「過去」に埋没しながら青春を送った。そしてこれは僕だけに限ったことではないと思う。世の中全体が「再生産」に走っていたのだから。
こういうある意味「ハングリー」な空気を味わった世代が、あと二十年後三十年後に管直人のような「ガレキ」を輩出するか、それとも有能な経営者や指導者を輩出するか、楽しみではある。
自信ないけど僕もその一人として頑張ろう。



simpsons_ba

関連記事

2011.05.17 | | 政治

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム