■プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

■最新記事
■カテゴリ
■カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■検索フォーム

■リンク
春支度
この間クリスマスローズの古葉切りをしたあと、ツルバラの選定もした。
うちにはサマースノーとアンジェラ、グラハムトーマス、ピエール・ド・ロンサールの4つのツルバラがあるのだが、一番旺盛でまた巨大なのがサマースノーとアンジェラである。


↓家の壁面左側にサマースノー、右がアンジェラ。手前の茶色い小屋の軒に伸びているのがグラハム・トーマスである。

サマースノーはともかく、アンジェラも年々トゲが激しくなっていて、やるたびにこれは大仁田厚の仕事だろと思う。毎年言っている。有刺鉄線デスマッチ。
アンジェラも最初の3年くらいまではそんなにトゲは気にならなかったが、もう定植から7年近く経っているから、根元なんか木化してぶっ太いし、茎もトゲも年季が入ってきた。


トゲと格闘すること1時間くらい。。

だいぶスッキリした。
株元に固形の油粕もばら撒いておいたから、これでバッチリでしょ。
ピエールだけは時間が足りず出来なかったので、次の週末にでもやろう。

クリスマスローズの古葉切りとツルバラの剪定&誘引は、自分の中では春を迎える一番最初の儀式。。いわば「春支度」である。

庭と生きる、ということは季節と生きるということでもあり、季節の変化を間近に感じられる特権を有しているということでもある。
人より少しだけ早く春を「見る」。

福寿草☆

明日もがんばろっと。

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花・園芸ブログへ







産業廃棄物 許可 行政書士
関連記事


ガーデニング | 23:57:58