■プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

■最新記事
■カテゴリ
■カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■検索フォーム

■リンク
言葉
参院選は与党が過半数を獲得した。
土曜日、大宮に行ったらたまたま首相が演説していたので人混みを分け入って聞いた。
民主党の自滅以降、自民党1強といわれて久しい。
特に復活後の安倍首相もしくは安倍内閣の安定感は平成以降では例にないほどである。
大人気だった小泉元首相でさえ5年5ヶ月である。
当時は短命内閣が当たり前だったので5年でも「すごい長期政権」というイメージだった。
まだあの頃は民主党や左翼マスコミが元気で、「偏向報道」という言葉さえ一部の人しか使わないような時代だったから、ちょっとした失言ですぐ自民党の支持率が急落し、クビが飛んだ。
自民の議員ならどれだけ馬鹿にし揚げ足を取っても誰も眉をしかめなかった。
テレビや新聞が世論を誘導できた、のどかな時代であった。
それがいまや「NHKから国民を守る会」ときた。
維新の候補も街頭で既存マスコミがどうのSNSで拡散がどうのと声を張り上げていた。
隔世の感がある。
ただし、これも本末が転倒するとひどくみっともない。
秋葉原に行ったらある候補者が政策ではなく、自分の街頭演説をスマホで録画して拡散する方法を説いていた。
馬鹿だと思った。
拡散する方法を説くより先に、「拡散したくなる演説」をせよ。

結局政治家は伝達力である。
何をどう言うか。
その「力」はスマホにはない。政治家の「言葉」にこそある。

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花・園芸ブログへ







産業廃棄物 許可 行政書士
関連記事


政治 | 23:56:46