■プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

■最新記事
■カテゴリ
■カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■検索フォーム

■リンク
冬の出口
昨日とは打って変わって今日は身が縮まるような寒さっ。
そんな寒い朝の庭でラナンキュラス・ラックスが準備運動を始めていた。

そういえばこのあいだ園芸店に行ったとき、すでに開花株が売られていたっけ。
ラックスは春に咲いて夏に消えて、冬にまた復活する。
宿根草というにはあまりに新参で商業主義的な花だが、「だから何?」と言わんばかりの可憐な花を咲かせる。
うちには3株植わっていて2株は無事復活しているけど、通路に植えた最後の1株が行方不明。。。今のところ僕が例のごとく雑草と間違えて掘り上げてしまったということになっている。
冤罪か有罪か。
頼むから出てきてくれ。。。

日陰の庭はこの時期はヘレボガーデン。

大半がブロ友のN子さんから頂いちゃったもの。
ヘレボの開花は2月最大の楽しみ☆
今年も地面に腹ばいになってヘレボの俯き顔を撮ろう~。

春が少しずつ近づいてくると、自然と庭に意識が向く。

人間の身体は正直だから、冬が終わるとなると本能的に無意識に「外に出なくては」と思うのだろう。
狩猟をするわけではない。
冬が終わり、原始人が狩猟をしたなら、現代人は「レジャー」である。
<楽しむこと>である。
インスタ映えのする場所で人目もはばからず飛んだり跳ねたり組体操したりするのもある意味では「イイネ!」獲得という名の<狩猟>だから同じだ。
それはともかく冬の出口が見えてきた。
関東南部はこのままほとんど雪も降らずに平成を終えそうである。

☆クリックしてもらえると励みになります☆


よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ










行政書士 産業廃棄物 許可
関連記事


ガーデニング | 23:30:13

FC2Ad

まとめ