■プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

■最新記事
■カテゴリ
■カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■検索フォーム

■リンク
日曜日の庭
仕事が溜まってて、今日は日暮間近までデスクワーク。。
仕事もプライベートもなんやかんやと忙しく、正直ニュースもろくに見ていない。(映画は観るけど)
カルロス・ゴーンが逮捕されたのには驚いた。すでに大金持ちだろうに、まだ欲しいかと。。「何に使うんだろう?」・・・と空っぽの頭で考える。
もう城とか島一個丸ごととか、そういうレベルの発想しかない。
大阪万博も開催が決まった。
2度目である。
最初は1970年だったから、当時を知っている世代もまだまだ多い。
人生に二度万博を経験できるというのは大阪人にとってはきっと誇りだろう。
ちなみに最初の東京五輪は1964年だから、「五輪も万博も自分の国で二回見た」という人もきっとたくさん現れるだろう。
それがどれだけ価値があるかは人それぞれだろうが、一つ確かなのは、この国はその頃からずっと先進国であり続けてきた、ということである。
二度夏のオリンピックを自国開催した国はギリシャ(アテネ)、フランス(パリ)、イギリス(ロンドン)、アメリカ(ロス)、日本(東京)の5つだけである。
そのうち第二次大戦後に2度開催する国はイギリスと日本だけである。
それがどうしたと言われればそれまでだが、アジアの国でこの結果はやっぱり凄いと僕は思う。しかも世界で唯一白人に堂々とケンカ売って盛大に負けた、世界のつまはじき者だったのだから。
よくここまでの国にしてくれたもんだ。
戦後を支えた先人たちに感謝。

そんなわけで。。。
なんとか切りのいいところまで片付けてから夕暮れの庭に出た。


萩もすっかり紅葉した。

萩は夏は涼しげで秋は葉が美しく紅葉するので観ていて飽きない。
薄くて丸みのある葉っぱもかわいい。
金曜日に行った殿ヶ谷戸公園にはアーチに萩を結わえて作った、萩のトンネルがあった。ツルバラみたいな使い方も出来るんだなと驚いた。
確かに茎はふにゃふにゃしてるからアーチに出来るのだ。

久しぶりの通路~。

サルビアやジニアやペンタス、ユーフォルビアダイアモンドフロストもまだ頑張ってる。
霜が降りてもしばらくは持つが、一年草が枯れて通路が寂しくなるのは時間の問題だ。
ちなみに去年の東京の初霜は12月10日。
今年は暖冬だから少し遅れるだろうか。。

日がだいぶ短くなったからスロースタートだと写真撮るのと水やりくらいしか出来ないけど、庭に出ると気分がリフレッシュされる。

明日からまた1週間頑張りましょう☆

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花・園芸ブログへ
関連記事


未分類(日常、随筆) | 21:59:15

FC2Ad

まとめ