■プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

■最新記事
■カテゴリ
■カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■検索フォーム

■リンク
ハッピー
8月も半分を過ぎ、日本列島が鉄鍋に放り込まれたようなあの暑さもさすがに鳴りを潜め、いまはひっくり返ったセミの亡骸とコオロギの声に夏の終わりを静かに感じる。

といってもまだまだ暑いけどね!(>_<)

去年奥さんが植えたピラカンサ。

元気一杯腕を広げて、広げすぎて通路にはみ出してきて、トゲがあるもんだから壁際に誘引した。
真っ赤な実を期待していたがオレンジ色の実が成ることが分かって少し落胆したが、この大きさになるとオレンジでもきっと面白いことになるに違いないと思えてきた。いやむしろオレンジのほうが映えるんじゃないかと思ったり。先が楽しみである。

出張から帰ると大抵庭が荒れていてイライラムラムラするのだけど、今回は日曜日に頑張って綺麗にしておいたから大丈夫。

家に帰って庭がきれいだと気分も晴れるし、なによりもっと頑張ろうと思える。
自分で手入れしておいて言うのも変な話だが「俺は園芸が好きなんだな」と気付かされる。

荒れたままにするのが一番良くない。
庭を荒れたままにすると心も荒む気がする。
この夏は庭に出ることが即ち死を意味するような日も多かったから、枯れようと折れようと放置せざるを得ず、家に帰るたびに庭を眺めては溜息をつくことが多かった。
これでは何のための庭か分からない。
我が家は通路を抜けて内庭を抜けて玄関にたどり着く為、庭が荒れているとイヤでも目に付き、「~しなきゃね」「~がまた虫に食われている」「水切れだ」などとネガティブな寸評をしながら玄関のノブを回すことになる。
どうせなら「うちの庭最高」とニヤニヤしながら家に入りたい。
ハッピーな庭を通ってハッピーな気持ちで家に入りたい。
庭が荒れたり失敗が続くと愛情も半減する。
しかし園芸の場合、愛せなくなったら愛せるように自分で変えたり元に戻すことが出来る。
庭は自分で勝手に掃除してくれたり雑草を取り除いてはくれない。
愛せなくなったら自分でまた愛せるように<持っていく>。
その繰り返しである。

と、ちょっと本気でお手入れしただけで思った。
偉そうなこと言いながらこのマインドが持続するかどうかは 別 問 題! (-_-;)

☆ いつも応援ありがとうございます ☆
banner (56)

よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ










産業廃棄物の許可が欲しい!
関連記事


園芸コラム | 23:57:22

FC2Ad

まとめ