仙台にて

平成最後の夏、終戦記念日が過ぎようとしている。
このお盆も平成最後のお盆である。
自分は平成もへったくれもなく普通に仕事である。多分来年(なんという元号になるかしらないが)、最初のお盆も同じように額に汗して仕事している気がする。
この2日間、出張で仙台に行っていた。

13日の夜に家を出たのだが、東北自動車道は深夜になっても車が減らず、SAはどこも人で賑わっていた。普段はとっとと店じまいするSAのフードコートも日付が変わっても営業していたり、とにかくどこを切り取っても人、人、クルマである。
自分のように1年の3分の1を高速道路で過ごしているような人間にはSAなど珍しくも何ともないが、盆暮れ正月以外高速に乗らない人にはそこは非日常的空間なのかもしれない。

仙台はしょっちゅう来ているが真夏に来たのは初めて。

埼玉と比べたらきっと高原並に凉しいに違いない♡
とか思って長袖のシャツなども持参したが1ミリも必要なし!
「埼玉じゃねえかこの暑さ!」
炎天下の中汗を拭き拭き歩いた。全然涼しくない。。(-_-;)
冬はあんなに寒いのに。。。
細い日陰をたどりながら定禅寺通りから1番町商店街に入ると、心癒される涼しい光景に出くわした。

なんと政宗公が子供たちと打ち水ウォークしているではないか。
ハートが涼んだわ~。
仙台らしいね。

同じ1番町商店街も日が暮れると・・・

これは「仙台竹灯り」という催しで、七夕祭りで使った竹を再利用してお盆の迎え火にしているそうだ。
なんとも洒落ている。

今年の暑さの前にはなにをしようと焼け石の水、納涼気分なんて味わう余地はないと思っていたがやっぱり夏には夏にふさわしい絵があって、それは効果があるなし関係なく、何かしら人の心にしみ込んでくるものだ。と思った。
気候は変わるかもしれないが、我々日本人の美意識や感性はそう変わるものではない。

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ


関連記事

2018.08.15 | | 未分類(日常、随筆)

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム