LGBTについて

LGBTとは「レズビアン」「ゲイ」「バイセクシャル」「トランスジェンダー」の頭文字をとった言葉で、性的にいわゆる「ストレート」とは違う人たちの総称である。
ちなみにトランスジェンダーとは出生時に認定された性別に違和感を感じる人たちのことである。
自民党の杉田水脈(みお)議員がそのLGBTの人たちに国が予算を投じて支援することに異議を唱えて、LGBTの人たちは出産をしないため「生産性がない」といった趣旨の論文を文芸誌に載せて物議を醸している。
なぜ障害でも病気でもない彼らLGBTを社会的弱者のように扱い、税金を投じてまで保護する必要があるのか?という問題提起だが、その問題提起自体には賛同しても「生産性がないから」という根拠は乱暴すぎる。
出産をしない=生産性がないと受け取られるのは当然で、叩かれるのも無理はない。
しかしこの文章のお陰で自民憎しの左巻きの人々がLGBT擁護を旗印に大規模なデモを敢行したことで、「LGBTのために税金が使われようとしている」という事実が世に広まるきっかけにはなった。
そうと分かれば誰だって首を傾げざるを得ない。
LGBTは障害ではない。彼ら自身もおそらく自分たちを障害者(もしくは社会的弱者)とされることを望んではいないだろう。ましてや「病気」なんてとんでもないと思っているだろう。
だったら支援する必要なんてなくね?
と普通の人は思う。
自分もそう思う。
そもそも何を支援するのかもよく分からない。
おそらく役人の頭ではパンフレットなり教育現場なりで「LGBTを個性のひとつとして認めよう」的な啓蒙活動でもするつもりで、それに予算を充てたいのだろうが、なんで個人の性的嗜好に国が関与し、ましてやそれを社会的に許容せよと言われなければならないのか??と思う。

その人はどう見ても男だった。
僕は男として対峙し、同性同士だと思って話をしていた。
しかし後日電話があり、「実は自分は、女なんです」
と告げられた。
どういう関係とかどういうシチュエーションとか詳細は省くが、自分はこれから正式に申請して性別を男に変えようと思っている、名前も男の名前に変える。 と告げられた。
自分は自分でも驚くほど冷静だった。
その事実に驚くより、自分がそのことを告げられて驚かないことに驚いた。
「そう言われれば(男にしては)やけにお肌がツヤツヤだなーって思ってました」
と言ったら喜ばれた。
僕自身、グラムロックが大好きで若い頃は女物の服を着てアイメイクなどしていたし、アメドラやアメリカ映画ではLGBTなど珍しくもなんともないから免疫があった、というのもあってか、自分でも意外なほどクールに受け入れられた。
もちろんこれはすごく個人的な経験であって、もしかしたら世の中にはそういう人間を信じられないと化け物でも見るような目で見る人がいるのかもしれないが、だとしたらどうしてマツコデラックスなんてものが何本もレギュラー番組をもてるのか謎である。
確かに「オカマ」と「ゲイ」は微妙に違うし、トランスジェンダーはもちっと複雑なものだ。(上記の彼女はトランスジェンダーである)
しかも最近はオカマともゲイとも似て非なる「男の娘」(おとこのこ)なんて新人類まで登場している。
性の多様化である。
しかし個人的には、この国の国民がそういった非ストレートな性的嗜好を持った人々に対して不寛容だとは思わない。
井原西鶴は「色には二道あり」と言った。
つまりひとつは異性を愛する道と、同性を愛する衆道(しゅどう)のことである。
だから彼は「男色大鑑」(なんしょくおおかがみ)を著した。
今で言うBL(ボーイズラブ)だが、江戸庶民がこれを読んでドン引きすることなどなかった。
当然だ、日本は世界屈指のセックス先進国だったからだ。
信長には蘭丸がいたし、徳川家光は女に興味がないから世継ぎが出来ず、春日の局が骨折っていわゆる大奥が出来た。大奥の女たちは男好きの家光のために男装していたという。
衆道というのは文化であり習慣であり美であった。
ゲテモノ扱いされるようになったのはキリスト教的西洋文化が流入してからのごく最近の話だ。
だから本来は日本人はLGBTに対して寛容になれるはずなのだが、一度寸断された文化は元に戻るまで時間がかかる。
もしかしたら政府は江戸時代に性の常識を戻そうとしているのかもしれないが、西欧諸国の猿真似をしたいだけに映る。
本当は日本が上から目線で「同性婚認めないとかお前ら馬鹿なの?」と言えたはずなのに。

しかし、個人的にはLGBTに理解は示しても、最初に書いたとおり彼らに税金を投入して社会的弱者のように扱い、非LGBTの人に対し「許容せよ」とするのは納得いかない。
それとこれとは別である。
単なる性的嗜好で同性が好きになる場合もあれば、本当に自分の性別に我慢がならず、そのため上手く社会的生活を送れない人もいる。
LGBTなどと勝手にひと括りにしているが、本当はひと括りになど出来るものじゃない。する必要もない。
一緒にするなと言われそうだが、「小児性愛者」(ロリコン)の人たちがただの「キモイ性癖の持ち主」と白い目で見られている現実も無視できない。
彼らロリコンの中にはかなりの数で障害か病気レベルの者もいよう。
しかしロリコンを保護しようなんていおうものならそれこそ大変だ。

普通とは違う道でしか生きてゆけない、普通とは愛する対象が違う・・・・
それはある意味で不幸である。
しかし誰でも大なり小なりそのような性向はあるもので、その部分は誰もが隠れてこっそり何がしかの形で成就させるしかないものだ。
おおっぴらにしてそれを開放し、国に保護を求めようとかみんなに自分を理解してもらおうとか思うのは少々おこがましい感じがする。
その道を選んだのなら、それなりの覚悟が必要なのだ。
あからさまな差別や蔑視、人格否定等さえ許さなければそれでいい。
と僕は思う。

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)


よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ












産業廃棄物の許可が欲しい!

関連記事

2018.07.30 | | 時事問題

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム