長い旅

長期出張に出ていてほとんどブログを更新できなかった。
自分も豪雨の被災地にいた一人として呑気に旅の思い出などを語る気にはなれないので駆け足で書く。
まず青森で仕事をして、青森港からマイカーごと青函フェリーで函館に渡った。

函館で一泊したあと以前から行ってみたかった松前に行き、

旭川に行き、

富良野や美瑛町の雄大すぎる北海道の風景を観光した。
が、その間、フェリーに乗っている間以外の陸上の時間はほとんどが雨であった。
九州のほうに台風が来ていた。その間接的な影響かと思った。
そのあとまた仕事で札幌へ向かった。
札幌での仕事を終えるとすぐさま苫小牧へ。
その間もずっと雨。
それもただの雨ではない。
身の危険を感じるほどの雨。
ちょっと経験したことのない雨の量だったから苫小牧では観光はせずにイオンモールに逃げ込んだ。しばらくして店内放送で駐車場の一部が冠水したことを告げられた。
苫小牧からまた船に乗る予定だった。
雨が小康状態になったので港へ走った。
欠航になるかと思ったが何食わぬ顔で出航した。

航海中、日本海は北海道の雨が嘘のように平穏無事で台風の「た」の字も感じられなかった。

20時間後、敦賀港に着いた。

翌日金沢で仕事をする予定だったので北陸自動車道を北上して走った。
その途中、立ち寄ったSAのフードコートのテレビで、旭川市内で川が氾濫し観光客が取り残されたことを知った。
少し前自分がそこにいたことを思って戦慄が走った。
石川でも雨であった。
陸では毎日毎日雨である。
さらに翌日は兵庫で仕事だった。
尼崎で一泊。

兵庫、大阪と連続して仕事を終わらせたのが7月5日(木)である。
台風は日本海に抜けて温帯低気圧になりました・・・とニュースで言っていたのにやたらと風が強い。台風みたいな風が吹いて雨が横なぶりになってきた。
奥さんが京都の実家に寄りたいと言うので京都の奥さんの実家に顔を出した。
雨は止まない。
その夜のうちに高速道路が次々と封鎖され、京都市内に通じる国道も封鎖された。
電車も完全に運休した。
つけっぱなしのニュースからは「京都府○○では・・・」といま自分がいる場所の地名が何度も出る。
奥さんの実家のある街は陸の孤島と化した。
翌日は名古屋で仕事だったのだが、空でも飛べない限り到底行けそうにない。
窓をビャンビャン叩く雨がうるさいほどだった。
結局、京都から脱出できたのは翌日(金曜)の夜であった。
雨がパタリと止んで、国道の封鎖が解除されたのを知り大急ぎで帰り支度をして奥さんの実家を後にした。

京都という街は入りにくく出にくいようになっている。
特に大津に抜ける国道1号線は渋滞しない日はない。
案の定、京都から出たい車が殺到してICに通ずる道路はICの入り口手前数キロから既に大渋滞である。
ICといったって東に向かう高速道路のICは草津田上ICまで全て閉鎖されている。
仕方ないから京都から草津まで渋滞を我慢して一般道で走り、どうにかこうにか新名神高速に乗って埼玉を目指した。。。

運がいいのか悪いのかよく分からないが、とにかくなかなか大変な出張だった。
埼玉に戻ってきたら急に花が買いたくなった。
家に戻りもせずそのまま花苗を買いに行った。

1株50円だった。

家に戻ったら庭が荒れに荒れていた。鉢植えは全て枯れ、バラは誘引が解けて垂れ下がり、風で庭木の枝葉が散乱し、雑草がはびこっていた。
1週間以上放置していたから当然だ。
荷物を運び入れてすぐさま庭に出た。
草をむしりながら関東は呑気なもんだと思っていたらそのあとスマホがビービー言い出し「地震です!」
揺れた。

もうやだ。。。(-_-;)


☆ いつも応援ありがとうございます ☆
banner (56)

よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ












行政書士 産業廃棄物 許可

関連記事

2018.07.07 | | 未分類(日常、随筆)

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム