人は庭

今日も雨。気温もすこぶる低く、大げさでなく冬を思い出す寒さ。
暑くなったり寒くなったり、まったく忙しい。
仕事も忙しい。
カレンダーは予定で塗りつぶされ、それはそれで嬉しいのだがお尻はカチカチ山みたいに燃えている。楽な仕事や得意な仕事ばかりなら焦りはしないが、いま目の前に積み上がっている仕事はハードでタフなものばかりである。
それもスキルとなって還元されると思って頑張るしかない。
最初から花ざかりの庭なんてない。
みんな大抵はただの更地だったりうちのように放置されたジャングルだったりしたはずだ。
もっと言えば、水はけが悪かったり、日当たりが悪すぎたり(または良すぎたり)、小石だらけの地面だったり・・・ゼロどころかマイナスから始めなければならなかった人もいよう。
それを額に汗して蚊に刺されたり指にマメを作ったり夫婦喧嘩したりしながらなんとか整地して庭の原型らしいものを作っていくのである。
仕事も一緒。
最初から何でも出来るヤツなんていない。
ベテランにも「初めてやる」ことなんて一杯ある。
ハンデを抱えてマイナスから仕事を覚えなければならないこともある。
水をやり忘れて花を枯らし、ケアを怠って顧客を取り逃がす。
クワやシャベルで畑を耕し石灰を撒き元肥を施し、種を撒く。
手土産片手に車で走り回って営業して広告を配り仕事の種を撒く。
花壇になる。菜園になる。
お得意になる。大口になる。
忘れた頃にタイムが咲く。

もう出てこないと思っていた球根がある日突然芽を出したりする。
2年も前の営業の努力が今更実ったりする。
先日など4年前に一度会ってそのまま立ち消えになり、音信不通になっていた顧客から電話があった。
こっちも会うまではまさかその人だとは思っていない。
いざ会ってみたらどこかで見た顔、名前もどこかで聞いた名前。
話の途中にもかかわらず、たまらず訊いてしまった。
「前に一度お会いしてませんかね・・・?汗」
「え?いいや」
相手はまったく覚えていない。
こっちも不安になってきた。でもしかし・・うーんモヤモヤ。。
果たして事務所に帰ってから名刺ケースを漁ってみたら、出てきたのは4年前にその人にもらった名刺。
不思議なこともあるもんだ。
なんの縁(えにし)か、自分の両手をすり抜けていった仕事が巡りめぐってアッパーカットしてきた感じ。
武田信玄は「人は城、人は石垣人は掘」と詠んだが、こうして考えてみると人は庭でもある。
苦難と挫折、発見と歓喜を繰り返しながら成長し、ゴールのない旅を続ける。

種を撒いても出ない時もある。水をやってるのに枯れることもある。
花っていうか、自分が根腐れしそうなときもある。
でもいやなことばかりじゃない。
楽しめなくなるまで、楽しむつもり。

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ










産業廃棄物の許可が欲しい!

関連記事

2018.05.09 | | 園芸コラム

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム