フラワーガーデン泉

わざわざ紹介するまでもないよな~。と思ってこれまで紹介してこなかったお店がいくつかある。いわゆる「有名店」というやつだが、今日はあえてその「有名店」のひとつを紹介する。群馬県前橋市にある「フラワーガーデン泉」だ。

「有名」といっても僕自身、ネットで口コミを見て知っただけで、実際はどの程度有名だか知らない。昨日たまたま立ち寄り、思うところがあったので紹介することにした。もっとも、個人的にはここであまり苗は買わない。値段が高いからだ。そのくせ近くを走ったら立ち寄ってしまうのは、来るたびに何かしらの「発見」があるからである。
例えば、昨日はこんなものを見つけた。ダイコンドラ(ディコンドラともいう)の種である。

以前の記事で「グラウンドカバーに使いたい」と書いた植物だ。しかしどことなく種の入手が難しそうなイメージがあったので、通販で買おうと思っていたところだった。そしたらあった。思わず「うっそ」と声に出してしまった。無地の紙袋に入っているところを見ると、やはりあまり流通していないようだ。
それから、このお店はディスプレイが素晴らしい。店内のあちこちに飾られている寄せ植え作品はどれもレベルが高く、参考になる。またミニバラ、球根、宿根草など種類ごとにエリアが分かれており、それぞれに初心者にも分かりやすいよう工夫されたPOPが付されている。
いつ来ても必ず数人は客がおり、昨日も真冬の平日の昼間だというのに赤ん坊を抱いたママさんがジュリアンを大人買いしていた。ぶっちゃけ、「もっと安く買えるところがあるのに・・・」と思ったが、その人にとってはそんなことは問題ではないだろう。値段ではなく、「ここで買うこと」を楽しみとしているのだから。そういう客を数多く持っているというのは園芸店にとっては強みである。

   
 


雰囲気を楽しみに来る客、店員さんとの会話を楽しみに来る客、レアものを求めに来る客、技を盗みに来る客、なんとなく立ち寄る客・・・色々な客がいる。泉は決して安いとは言えない店だが、園芸店にとって一番大事な「引きつける力」は抜群だ。そして僕の場合のように、「ちょっとした発見」(サプライズ)を客に与える術も心得ている。
レジで「ダイコンドラ」の会計を済ませると、「よかったらそこの金魚草、持って行って下さい」とレジの人に言われた。振り返るとテーブルの上に「寒い中ご来店ありがとうございます。キンギョソウご自由にどうぞ」と書かれた金魚草が置いてあった。「一人三株まで」とあったので、ありがたく二株頂戴して店を出た。
こういう「心配り」がリピーターを生むのだ。


クリックしてもらえると励みになります!
br_decobanner_20120115185515.gif

関連記事

2012.02.02 | | 園芸店めぐり

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム