はるのつぼみ

昼過ぎ、庭に出る前、スノーボードの決勝を見ていた。選手がジャンプの度に次から次へと転倒する。風が猛烈のためだ。「これじゃ技を出さずに無難にコースを滑っただけの選手が勝つんじゃね?」と思うくらい、大半の選手が実力を出し切ることなく滑り終えていた。あまりの強風に滑っている途中で勝負を投げる選手もいた。
金メダルを獲得したアメリカの選手でさえ最後のウィニング・ラン(優勝者が最後にお披露目で滑って有終の美を飾る)で転倒した。金メダル獲ったのにこれ以上醜態を晒したくないと思ったのか二回目、三回目のジャンプはせずに滑り降りてきた。
スキー・ジャンプの試合も似たようなもので、レジェンド葛西が試合後「普通だったら中止だろ」とぼやいたほど風が強く、競技が途中で10分ほど中断された。その間ゲートでスタンバイしていた3、4人の選手は凍てつく風の中で待ちぼうけ。。。アレは見ていて可哀想だった。
確かに、全員が同じ状況の下で競技するのだから平等と言えば平等なのだが、平等だったらそれでいいという話ではない。
たとえばぐちゃぐちゃデコボコのフィールドで、全然ドリブルできないメッシやずっこけまくるロナウドが見たいかという話である。
クラシコ(FCバルセロナ対レアルマドリードの試合のこと)はしょっちゅうあるが、オリンピックは4年に一度しかない。選手は耐え抜いた4年間のすべてをこの数分に賭けているのである。それをろくに競技もできない極寒の暴風地帯でやらせるというのは・・・選手らが気の毒すぎる。
聞く所によると競技の開始時間も通常とは違っているようで、何から何まで日本人からすると「???」なことばかりである。
自分の国はどうせろくにメダル獲れないし、そんなことより北の姫様の接待をするほうが大事なんだろう。

昨日剪定&誘引したつるバラ。
こっちはピエール。

こっちはグラハム・トーマス。

グラハム・トーマスもよくここまで大きくなってくれたな~。
初めて買って植えたときに枯らしてしまったトラウマがあるので、ちょっと感動。
「ちゃんと大きくなるんだ、このバラ」って感じ(笑)

ふと梅の枝を見上げたら・・・

つぼみ。

今年は梅は大々的に剪定しちゃったから満開の花は楽しめないけど、こうしてちゃんと蕾がついてくれたってことは、生きてるってことで。。なんか安心したわ。(^^)/
明日からまた仕事かー。
しかも宇都宮で仕事だ。
ギョーザでも食べて来るか。。

☆⊞ クリックしてもらえると励みになります ⊞☆


よければこっちもお願いしまーす。m(__)m 
にほんブログ村 花・園芸ブログへ




関西で産業廃棄物の許可を取るなら!

関連記事

2018.02.12 | | ガーデニング

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム