愛だけじゃ。。

正月に帰省したとき、母が「自分は同年輩の友達に羨ましがられる」と言った。
なんでも、母の友人知人の子の多くが30を過ぎても独身で親と同居していたりするらしく、「子供が二人とも結婚している」などというのは今ではちょっとした羨望の的なのだという。おまけに兄に子が生まれ孫まで出来たとあって、ますます母は仲間内で「幸せ者」扱いらしい。

確かに、先日もニュースで2016年に結婚したカップルの数は全国で60万7000組で、戦後最も少ない数字だったといっていた。この「婚姻カップル数」は5年連続で下がり続けているそうで、若年層の独身志向・結婚離れを如実にあらわしている。少し前に「晩婚化」と言われていたが、もはや晩婚ですらない、独身化の時代に突入である。なるほど母が羨ましがられる理由も分かる。
中学高校時代の友人で今も連絡を取り合っている者は一人しかいないので分からないが、もし同窓会にでも行ったら案外みんな独身かバツイチだったりするのだろうか。
結婚をしない理由として「経済的な負担」を挙げる人が多いそうで、また、巷では「30代で400万以上貯金のない男は女に相手にされない」という「400万基準説」も聞こえてくる。
要は「金がかかるからヤダ」「金のない男に用はない」という世界である。 
そういう人に向かって「お互いが愛し合っていればお金なんかなくたって気にならないさ!」なんて言っても鼻で笑われるのがオチだろう。

ちなみに僕は20歳で結婚した。
金なんか全然なかった。ビー玉が転がる傾いたボロアパートで奥さんと新婚生活していた。
隣は板金工場で、一日中金属を叩きまくる音が響いていた。上の階に住む家族の足音や子供のヒステリックな声が聞こえるたびにホウキの柄で天井をガンガン叩いて「うっせーんだよ!」と抗議する日々・・・。(そのくせ自分はギターかき鳴らしているという)
スーパーに行っても半額シールの貼ってある惣菜しか買えなかった。

確かに、それを同じ相手と今の年齢でやれるかと言われると。。。(-_-;) カンベンよ
そう考えると、30代の結婚は愛だけじゃ難しいわ。

☆クリックしてもらえると励みになります☆


よければこっちもお願いしまーす。m(__)m 
にほんブログ村 花・園芸ブログへ










産業許可 全国対応 行政書士

関連記事

2018.01.10 | | 未分類(日常、随筆)

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム