追い越し車線をふさぐトラックたち

昨日は朝・三重(津)⇒昼・名古屋、夕方・岐阜というハードデイズナイトでその日の夜に岐阜から埼玉までぶっ飛ばして帰ってきたのが深夜1時半。我ながら速いと思う。
もちろん「煽り運転」などはしておりませぬ。
先日、一人の気違いドライバーに煽られた車が高速道路上で停止を余儀なくされ、後続車に追突されて夫婦二名が命を落とした(殺された)事故というか事件があったが、頭のおかしいドライバーというのは本当にいる。
高速を走っていて、「あ、こいつら追いかけっこをしているな」というのはすぐ分かる。
この間、そういう「チキチキバンバン」な2台に続いてSAに入ったら、追っかけていた方のドライバーが車から降りて、逃げていた車の運転席の脇に歩いていくのが見えた。手に金属バッドのようなものを握っていた。
相手は車から降りなかったのでその気違いドライバーは「分かったかボケコラ」みたいなことを喚いて車に戻り、走り去った。
車から出ていたら無傷では済まなかっただろう。

車に乗っていると怖いことも多いが、腹の立つことも多い。
別に煽り運転を擁護するわけではないが、出張で頻繁に高速道路を使う身として言わせてもらえば、正直、煽らなければみんなの迷惑になるシーンというものも事実、ある。
たとえば、「KYトラックの追い越し車線ゆっくり運転」である。
いまのトラックには「速度制限装置」という装置がついていて、一定の速度以上は出せない作りになっている。(そうでないトラックもあるが大半は制限装置つき)
だからベタ踏みしてもせいぜい100キロしか出ない。
80キロまでしか出ないトラックもある。
なら遅いトラックたちは三車線あるうちの一番左と真ん中を走るべきだが、これがそうではない。
真ん中と追い越し車線(一番右)を走りたがる。
走りたがるというか、トラック同士で追い抜き合戦をするのである。
速度制限装置がついたトラック同士(ほとんど同じ速度)が追い抜き合戦をするとどうなるか。
追い抜くのにえらく時間がかかるため、並走するような形になるのである。
昔のテレビCMでよく車が弧を描いたり美しく同じ動きをしたりする映像が流行ったが、ちょうどあんな感じで、同じ速度で走り続けるのである。それはもう道路上に現れた「走る壁」である。
これをされると一般の車両はそのトラックが抜き終わるまでジリジリしながら待っていなければならず、しかもやっと抜いたと思ったら図々しくももう一台抜こうとして左にどかないトラックもかなりいて、そういう時は、もう煽るしかないのである。
ハイビームにして車体を左右に揺らして「いい加減にしろ」というメッセージを送らなければならない。
これは半分は自分のためだが、半分は「みんなのため」でもある。
自分がその「デカイケツ」を蹴り上げなければ、永遠に追い越し車線は「100キロ規制」の車線となり、渋滞の原因になるのである。事実、トラックをどかせないで従順にケツにへばりついて走っているだけのヤツは、後続車に「なにやってんだ」と煽られるのである。そういう空気の道路上に「譲り合い」「思いやり」などという甘ったれた標語は何の役にも立たない。
面倒なので僕は「じゃああなたがおやりなさいよ」と左によけて後ろの車に煽らせることにしているが、後ろから誰も来ない場合、かつ、トラックがKYのときは、自分が煽る。
真ん中の車線か一番左から抜ければいいが、トラックドライバーの中にはスピルバーグの「激突!」よろしく人を青ざめさせるのが楽しみで運転しているような人もたくさんいるので、こっちが左車線に入って加速しようとした瞬間に「どいてあげるよ」と言わんばかりに左にウィンカーを出して、あわや接触、ということもある。
だから左から抜くのは危険。だったら煽ってどかせるほうがまだ安全である。

こういう話はテレビではしない。
トラックの「ちんたら追い越し」による追い越し車線の封鎖が、どれだけ一般ドライバーにストレスと恐怖を与えているか、休日だけ高速を使う人々には多分、分からないと思う。
そのイライラとストレスが原因で乱暴な運転になったり、事故を起こしたりするドライバーは多分、いま急増していると僕は思っている。
無論、あの事件の犯人のような人間はそんなこととは無関係に<根っからの気違い>なのだと思うが、これから団塊の世代を筆頭に高齢ドライバーの激増が予想される。
このあいだ刑務所において65歳以上の入所者が20代の若者を抜いてトップに立ったときいた。
その辺りの世代はどうも素行の悪い人が多いようだ。

まともな人、自分はまともだと思っているだけの人、運転の下手な人、うまい人、臆病な人、イカレてる人、自分優先の人、優しい人、短気な人・・・・
色んな人が入り乱れて作る交通社会。
自分は気をつけてても向こうからぶつかってくる時代。
法を破り人を殺したものがアクビをする時代。

クソだが、生きのびるしかない。

岐阜の夕べ。


一軒だけ園芸店めぐり 。。なんて名前だったか忘れたけど、各務ヶ原市内のお店です。


パンジーはケース買いよね!


うちの花壇~。

毎週毎週ちゃ~んと土日だけ雨が降ってくれるので・・・
園芸が全然出来ねえじゃねえかこらー!(>_<)
もう1ヶ月近く放置してる気が・・・・。


☆ いつも応援ありがとうございます ☆
banner (56)

よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ





解体工事 登録 行政書士

関連記事

2017.10.27 | | 未分類(日常、随筆)

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム