■プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

■最新記事
■カテゴリ
■カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■検索フォーム

■リンク
判官びいき?
先週、今回の選挙を僕は「バカを測る選挙」だと書いたが、立憲民主が野党第一党になる構え・・・との報を聞いて己の想像力の狭さを痛感した。
この国の国民は僕の脳みそなどでは測ることができないほどぶっ飛んでいる!

「判官贔屓」で枝野に風が吹いたなどと言われるが、どうして何でそうなるのか僕には訳が分からない。
枝野は「希望の党」に行く気であった。
ほんの2週間か3週間前のことなのに、もう誰もがそれを忘れている。
枝野も野田もカンも辻本も海江田も、みんなみんな、あわよくば百合子の風に乗ってふわっと再選を狙っていたじゃないか。百合子との合流は前原の独断ではない。枝野も含めて民進党は、みんなで前原に「じゃ、よろしくっ」と希望の党との合流模索を委任したのである。
それが前原の不手際で「言った言わない」「排除するしない」の話になり、またいつものように「超小さいコップの中の争い」になり、安保法制と改憲の踏み絵を踏めなかった枝野が「ならええわ」と袂を分かったに過ぎない。
だから枝野にせよ野田にせよカンにせよ、「初志貫徹」でも「筋を通した」でも「真の男」でもなんでもない、すべて結果的に「妥協して」、彼らは今の立場にあるのであり、なにも素晴らしい志の為に党を捨てたのでもなければ、仲間の為に頑張っているわけでもない。

こんなことニュースを見ていれば分かることだが、誰もがもうその「経緯」を忘れている。
たった数日前のことも覚えていない。
昨日までの道筋を振り返りもせず、ひたすら「今」、「今日」の気分や感覚で政治を見ているのだ。
もう「情弱」とかそういうレベルじゃない。ビョーキである。
筋を通しているというのならまだ「モナ男」こと細野豪志のほうが当てはまろう。

小池百合子は中身空っぽの「自分ファースト」だが、枝野たちは「中・韓・北ファースト」である。
野党第一党にふさわしいのはどっちか。
映画「エイリアンVSプレデター」のキャッチコピーが頭をよぎる。

『どっちが勝っても人類は滅亡する!』

☆クリックしてもらえると励みになります☆


よければこっちもお願いしまーす。m(__)m 
にほんブログ村 花・園芸ブログへ







産業廃棄物の許可 行政書士
関連記事


政治 | 23:56:25

FC2Ad

まとめ