贅沢な趣味

今日は午後から庭に出た。DIYと家庭菜園を少し。

事務所に事務机と書類棚が一緒になった巨大なデスクがある。
奥さんの手によるものだが、そろそろ、書類がその棚に収まりきらなくなってきた。
書類というのはイコール顧客のファイルである。2年前に奥さんが作った当初はもともとあったファイルを収納してもまだだいぶゆとりがあったのだが、じわりじわりと増えて、すでに一部のファイルは棚に入れられず溢れている。
そんな訳で棚を一段増やすことにした。
そうすると最上段はほとんど天井に着きそうな高さになるが、他に収納する場所もないから仕方ない。
奥さんが図面を書いて、昨日、ホームセンターでコンパネ板を一枚買い、カットしてもらった。
それを僕が今日白く塗装した。
大した枚数じゃなかったからすぐ終わったが、無線のスピーカーを傍らに置いて、9月のやさしい風に吹かれながら板にペンキを塗っていると、人にはわからぬ贅沢な時間を自分は過ごしていると思う。
DIYとは贅沢な趣味である。
今の時代、なんでも「買ったほうが安い」。
自分で白く塗るより白く塗ってあるものを買えばいいじゃん。
と誰もが思う。
しかし既製品では用を足さないことも多々ある。
サイズや材質、使い勝手、デザインの面で、お話にならないと思うことも多い。
機能性はまあいいとしても、特にこの国のインテリア関連のデザイン力のなさは問題ありだ。
耐久性にしたって、コスパがいいものはみな中国製である。ちょっと蹴っ飛ばせばバラバラになりそうなカラーボックス、店員が「1万円=1年と見ていいです」とあっさり言ってのけるソファ。
<なんでもコスパ>も考え物である。
といって、最近は「メイド・イン・ジャパン」もまったく信用ならなくなってきている。
90年代後半までの日本製には内側から染み出してくる「プライド」が感じられるが、最近、「さっすが日本製!」と思うことは稀である。「焼肉もラーメンもピザもパスタも日本が一番うまい」みたいな話ならよく聞くが・・・。
そう考えると、実は「買ったほうが早い」「買ったほうが安い」もケースバイケースで、中には「買うより自分で作ったほうが早い」こともあるのだ。
ウチの場合、夫婦ともにひねくれ島出身のひねくれ民族であるから、たとえ既製品で安く済みそうだとしても作る。
自分の好きな色や大きさに出来るからである。僕らはそこに価値を置いている。
(もっとも、うちの奥さんは「買うより安く作れなきゃ意味がない」が信条だが・・・)
そういうわけで、とにかく「作る」という行為は案外贅沢なのだな・・・とペンキを塗り塗りしながら考えていた。

外に出たついでにオクラとトマトを撤去した。

そしてその後釜にダイコンの種を撒いた。


長ネギさんたち。

穴に挿すだけで放置。風とか雨で勝手に土が入って勝手に根づきます。

ニラの花。

世界で一番美しい野菜の花はオクラと言われているが、僕はニラもいい線行ってると思う。

ふぁー。。もう土日終わっちゃうのか・・・(-_-;) 疲れが全然取れない。。。ままクワで畑耕しちゃったりした。
明日は恵比寿でお仕事っ。

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ







産業廃棄物収集運搬業の許可が欲しい!

関連記事

2017.09.10 | | 園芸コラム

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム