心の中で

日陰の庭で、ヤブランが咲いた。

咲いていた、と言ったほうが正しい。
ただでさえ地味なうえに薄暗い日陰の庭に置かれ、日常ほとんどかえりみられることがないヤブラン。
そろそろ咲くかな、と待ったこともない。
今年もまた忘れていて、咲いて初めてそこにヤブランがあったことを思い出す。
そのギャップと申し訳なさがそうさせるのか知らないが、ヤブランが咲いているのを見つけると胸がキュンとなるのである。
いや、そんな心理作用などなくとも、ヤブランはナチュラルにいい花である。

ほとんど黒く見える深緑色の葉の先に、ハっとするようなパープルの花のコントラストが日陰の庭によく映える。
黒髪の地味な子だけどメガネを取ったら美人だった、というのとどこか似ている。
忘れがちだけど、日照に悩むホームガーデナーにとってはヤブランはマストアイテム。1年の大半は地味子で過ごすが、この時期だけは日陰のアイドルに変身する。

さて、がらりと場所を移してこちらは西日ギンギンの通路。

かように我が家は「日陰」と「西日」しかない、極端な家である。
朝日の当たる花壇はない。

先週の週末に植えた花たち。植えた後水やりをするのを忘れていたのに気付いたが、その夜からまた雨になり、結局今週はずっと降ったり止んだりだったので結果オーライ。

手作りのセンサーライト・ボックスの上に、鉢植えにしたルドベキアを置いてみた。
花壇なのに鉢植えがところどころ混ざっている、というのが好き。

仕事が忙しく最近は毎日どこかへ行っている。昨夜は神奈川の大和市でミーティング、今日は水戸で仕事。月曜日も恵比寿に新しい顧客に挨拶に行かねばならない。
そんな訳でろくに更新できないけど、庭・愛は持ち続けている。
電車を待っている間、車を運転しながら、メシを食いながら、ワッフルを買う列に並びながら、洗濯物を畳みながら、
心の中で花を植える。

☆クリックしてもらえると励みになります☆


よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ







産業廃棄物収集運搬業の許可が欲しい!

関連記事

2017.09.08 | | 未分類(日常、随筆)

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム