のびしろ日本一

静かに暑い午後3時、郵便を出すついでに銀行へ行き、少し買い物もして、通路を上がり、倒れこむように玄関に。
荷物を置き、ほんの2分、クーラーの下で休んでから汗かきついでに庭に出た。
野菜を収穫するのと、水をやる為だ。

熱中症対策のためにはこまめに休息しながら、のほうがいいのかもしれないが、一度クーラー様の恩恵にあずかってカラダを冷やしてしまうと、もう一度「戦闘モード」へ自分を高めるのはなかなか難しい。
蚊に刺されたくないので半袖のYシャツの上から長袖をまとい、作業用のチノパンを履いてのプチ作業。かなり暑いが、蚊に刺されるよりはマシ。(それでも顔面を刺されまくったけど)
とりあえず獲れ頃の野菜を収穫。

きゅうりがハイペースで出来る。。。
奥さんが頻繁にぬか漬けにしてくれているが当然、それだけでは食べきれない。今日は冷やし中華で消費しました。タマゴ3:ハム2:きゅうり5の冷やし中華で!
それから伸びたトマトの脇芽かき&誘引をして、水やり。

不思議なことに庭の中で体を動かしていると暑さが苦じゃなくなってくる。
街中だと日陰に突っ立って信号待ちをしているだけでも耐え難い感じがするのに、庭の中だと重たいジョーロを持ってあちこち歩き回ったり、アクロバティックな姿勢でオクラの葉を掻き分けて実をハサミで切ったりしていても、「耐え難い」なんて思わない。庭の外と内での、己の精神状態の差だろうか。
しんどいなと思っても、思い出したように時たま庭木を揺らす風を見上げているうちに、しんどさを忘れている。
心地よさが、疲れに勝つ感じ。
もっとも、水分補給だけはマメにするようにはしている。
カンカン照りの酷暑の中、数時間ぶっ続けで園芸するときは、二時間に一回くらいのペースでウッドデッキに腰掛けて10分ほど冷たい飲み物を飲みながら畑を眺める。

今日は40分ほどで切り上げた。急ぎの仕事もあったので。

ちょっと庭に出ただけで気になること、「こうしたほうがいい」と思うことがバンバン出てくる。
関係ないけどこの前水戸に行った時、茨城県の県の広報ポスターに
「のびしろ 日本一」
と書いてあった。
震えた。
物は言いようとはこのことだが、そんなツッコミさえ百も承知で高々と宣言している感さえあった。
その「茨城マインド」でわが庭を見回すと、もうワクワクしか感じない。のびしろしか見えない。
足りない、出来ない、なってない。
大いに結構。

「のびしろ」のない庭なんてつまらないからね。
庭は無限大であるがゆえに、庭づくりも終わりなき夢。
終わりなき幸福。

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ






行政書士 産業廃棄物 許可

関連記事

2017.07.13 | | 園芸コラム

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム