くそったれな世界とお花ちゃん

防衛大臣の稲田朋美が「自衛隊からも防衛省からもよろしく」みたいなことを選挙演説で言ったら政治家としてあるまじき発言だと方々から叩かれた。
ワイドショーではコメンテーターたちがこぞって大臣としての資質を疑うと首をひねり、罷免すべきでしょと切り捨てていた。

そういうドヤ顔で稲田朋美を切り捨てる人に問いたい。
「では小池百合子には都知事としての資質が備わっているのか?」と。
小池百合子が散々都政を停滞させた挙句にあの「築地フードテーマパーク計画」を発表したときにも、同じように「資質なし」と切り捨てたのか?と。
しなかっただろうよ。
あの馬鹿さ加減が分らない連中に政治家の「資質」なんて見極められる訳がないと僕は思う。
しかしテレビではこういうことがよくある。
あの人のことは舌鋒鋭く攻撃するくせに、同じくらい(若しくはそれ以上)ひどいことをしているこの人には甘いんだなあ・・・というようなことが。
僕はそういうアンフェアというか、「ダブルスタンダード」(二重の基準)が許せないタイプの人間である。
そしてそういうダブルスタンダードで世渡りしているヤツに限って一般論から一歩も出ない低次元なキレイゴトしか持ち合わせていない。しかもそれを正義面して語るから余計胸糞が悪い。モーニングバードに出てる「おでこびょーん」と、ニュースステーションで司会者の隣に座っている白髪のタヌキがそのいい例だ。
個人的には稲田朋美なんか別にどうなろうと知ったこっちゃないのだが、稲田を叩くなら小池も叩けよと思うのである。もっと言えばレンホーなんて二重国籍なんだから「資質」どころか「議員資格」すら疑わしい。
でも誰も小池やレンホーを思い出さない。引き合いに出さない。稲田を叩けとなったら徹底的に稲田だけである。
こういうスタンスに吐き気がするのである。
こんなヤツラが「イジメ絶対ダメ!」とか「なんで教育委員会は生徒の自殺を徹底的に調査しなかったのでしょうか」などと朝から偉そうな顔で説教するのだからヘソで茶を沸かす。
「それはその教育委員会があなたたちと同じタイプの人間の集まりだからでしょう」、と皮肉の一つも言ってやりたくなる。
でもそんなことをいう人はテレビにはいない。
相変わらずテレビの「日和見イジメ体質」は変わらない。
ワイドショーやニュース番組でキレイゴトを並べている連中ほど<悪い大人の見本>もない。僕が人の親なら「不良にはなってもいいがああいう人間には絶対になるな」と叩き込むところである。

お花ちゃんたちを愛する人間になりなさい。
お花ちゃんたちを見ているとクソみたいな世界でも少しはマシに思えるから。

よい出会いもあり、つながりも広がる。半世紀分くらいジェネレーションギャップがある近所の人とも仲良くなれたりする。
なにより僕みたいなてやんでえでも「咲かせられる」。
俺でも咲かせられる!と思うとなんだか(いやかなり)嬉しいものだ。
「丸鶏ガラスープ」のCMで向井理がビミョーな創作料理を食いながら言っているセリフがぴったりである。
「やってみ!」

花には「よい効果」しかない。

☆クリックしてもらえると励みになります☆


よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ






<PR> 産業廃棄物の許可なら! <PR>

関連記事

2017.06.30 | | 園芸コラム

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム