初心者こそユリを

結局雨は朝方にはやみ、昼間はずっと薄曇りだった。
昨日思う存分ガーデニングできたので今日はお休み。
というか、急ぎの仕事が溜まっているので働かなきゃならなかった。。
庭のあちこちでユリが咲き始めた。

毎年ちゃんと咲いてくれるのが嬉しい。
折れないように一本一本支柱を立てるのはちょっと大変だけど、この花をみすみす折ってダメにしてしまうのは愚かというものだ。

耐陰性が強いのでこんな柿の木と梅の葉に覆われた暗い場所でも大きく咲いてくれる。
ユリというとなんとなく中上級者向けというイメージがあるが、個人的にはビギナーこそ庭にユリを埋めまくったらどうかと思う。だって超簡単である。
球根を埋めて放っておけばいい。むろん、粘土質のワケわからん場所じゃ駄目だが、他の庭木が育っている場所なら大抵芽が出る。
地植えなら水やり不要だし、日陰でも余裕で咲くし、これといった虫もつきにくい。(ただし花は食べられることがあるので注意)
元肥にマグァンプでも施しておけば茎が折れない限り十中八九咲く。
しかも毎年咲く。コスパ高い。

冗談抜きで、ペチュニアを上手に育てるより数倍ラクである。
ベゴニアやサルビアのごときお手軽な一年草でも植え方が悪いと失敗するが、スイセンやチューリップやユリなどの球根は埋めたあとはただ「忘れればいい」だけなので、こんな簡単な園芸はない。(本当に忘れるのでネームプレートは差しておいた方がいい)
さらには庭のあちこちにユリを咲かせているだけでクロウトっぽさも演出できるという。
まさにオールマイティな花。

そんな訳でいまさら熱くユリプッシュしちゃいました。

どうでもいいけど昨日のガーデニングでなぜか太ももの裏側が激しく筋肉痛・・・・。(>_<) なんでそんな場所が!?
明日は群馬へ出張~。。
ふぅー。

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ





<PR>解体工事業の登録するなら!<PR>

関連記事

2017.06.25 | | ガーデニング

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム