夫婦日和。

ガスコンロの火が片方だけ点かなくなった。スイッチを押してもチッチッチッチ・・・というだけで点火しない。乾電池が切れているのだろうと思って交換したがやはり点かない。もう長いこと使っているから壊れたのかもしれない。
実はもう一台、同じものが庭の小屋に置いてある。
奥さんの実家で使っていた物を譲り受けていたのだ。義母からもらったコンロはほとんど使っていないので新品同様である。義母が使い始めて間もなく義父が亡くなり、キッチンをオール電化にリフォームするのに伴いお役御免となった物だからだ。
結局、古いコンロは捨てることにして、新しいコンロを庭の小屋から引っ張り出してきた。
ついでにシンク周りも掃除して、そのまま掃除機もかけちゃったり、さらに出しっ放しになっていたヒーターも押入れにしまった。さすがにもうヒーターをつけることはないだろう。そんな日があってもヒーターをつけようとは思うまい。

ヒーターは4台あり、うち2台がもうまともに動かないのでコレも捨てることに。
家電の話をしていたら奥さんが思い出したようにオーブンレンジを買おうかしらと言い出した。
「例のオーブンレンジがやっと元の値段に戻ってきたの」という。
そのオーブンレンジは半年前に奥さんが狙っていたもので、奥さんがグズグズしているうちに値段がぐんぐん上がって結局買わずじまいに終わった「逃がした魚」である。
「あなたが買うなと言ったんです」
そのくそったれオーブンレンジンの話になる度に奥さんはそう言う。相当、根に持っている。
「あなたの勘を信じて手をこまねいていたら、値が上がっちゃったんじゃない」
「あとでそう言われるのがイヤだったから、俺は千円くらい値が上がったときに『買え、今すぐ買え』と言ったろう」
「そのときにはもう3万円以上になってました」
「なってない」

とにかく、奥さんが狙っていたオーブンレンジはいま当初の価格に戻りつつあるそうで、奥さんは買うべきかどうか悩んでいる。
僕には理解できない。
なぜこの期に及んで悩むのか。
「お前はまさか最初の値段より1円でも安くなけりゃ買わないつもりなのか」とおそるおそる問い質したら
「それはもう・・・当然っていうか・・」
トウゼンッのところだけ声に張りがあった。

僕などは買いたいと思ったときにさっと買ってしまう人間なので、こういう奥さんの態度にはジリジリすることが少なくない。
安く買いたいのは分かる。しかし僕の場合、それ以上に「今、それが欲しい」「今、それを着たい、使いたい」
というのが先に来るので、値段が下がるまで待つとか、ましてや待ってる間に値段が上がって買うのが半年延びるとか・・・あり得ない。ウンウン考えている時間が無駄である。その間に買える。手に入る。
1億歩譲って僕が待ったをかけたせいで買いそびれたのだとしても、値がほぼ元に戻った今になってもまだ安さをを求めるのはもう関西人だからとかそういうレベルではなく、「自分との闘い」みたいになっているのに違いない。

夕方、近所の家電量販店に行ったら奥さんのお目当てのオーブンレンジは果たしてネットの倍以上の値段で売られていた。
さすがに買えとは言えなかった。

☆ いつも応援ありがとうございます ☆
banner (56)

よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ





産業廃棄物の許可なら

関連記事

2017.05.27 | | 園芸コラム

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム