花壇をマルチング

寒すぎる。毎朝、うちの庭は霜でガチガチだ。しかも冬場はまったくと言っていいほど日が当たらないのでなかなか霜が溶けず、ひどい時は晴れているのに雨上がりみたいにぬかるんでしまう。その上を歩くと靴底に泥がついて園芸どころじゃない。
笹を数本もぎ取ってきて庭に挿しておくと霜よけになるらしいのだが、それをすると日曜大工をしたり土を作ったりするスペースがなくなってしまうのでちょっと困る。かといって芝生を敷いたり、砂利を撒いたりする気はない。芝生でもなく、耐寒性の強いグラウンドカバーはないものか。
今気になっているのがダイコンドラ(ディコンドラ)という植物。草丈3~5㎝、常緑性で半耐寒性、しかも半日陰でもOK、グラウンドカバーとしても広く使われているらしい。ダークグリーンのクローバーに似た丸っこい葉は、明るすぎず、落ち着いていてイイ。種から育てるのも容易とのことなのでやってみようかな。霜に負けなきゃいいが。


とりあえず花壇を腐葉土でマルチングした。

なにも植わっていないように見えるが実は下にチューリップが2~30球眠っている。土の改良も兼ねて。
あ~、春が待ち遠しい。


クリックしてもらえると励みになります!
br_decobanner_20111018094151.gif


関連記事

2011.12.22 | | ガーデニング

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム