ヤマブキ物語

園芸かぶれの青二才夫婦がこの昭和臭満点の借家に入居して初めての春。
日当たりの悪い東側の植え込みに、黄色い花が咲いているのを奥さんが発見しました。

なんじゃろうと思って近づいてみると、

ヤマブキでした。

でも日当たりがクソ悪すぎて花がろくに咲いていませんでした。
「こんなところに植わってても花が咲かないから勿体無いわ」と奥さんが言いました。
「引っこ抜いてどっかに植え替えれば?」とアホ旦那が言いました。
よく見ると周囲に何本か出てたので一株を強引に、それはもう強引に、ひきちぎるようにして掘り起こし、そこよりはまあまあ日当たりの良い通路に適当に穴を開けかなり乱暴に植え替えました。

植え替えた翌日には葉が全部下を向いてヒラヒラしてました。
明らかに疲弊している様子だったのでアホ旦那はまったく期待しませんでした。むしろ自分の粗雑さを棚に上げて言うことを聞かないヤマブキに腹を立てるくらいでした
「根っこもちぎれてるだろうしこりゃダメだ、無駄にデカイもんにスペース使っちまったぜ」と冷血なアホ旦那は思いました。

しかしヤマブキは枯れませんでした。
葉っぱこそ全部落ちてしまいましたが腐るでもなく枯れるでもなく、裸のままそこに居座り続け、ヘンテコな植え替えをされたせいか秋に花を咲かせたりしてアホ夫婦を驚かせました。

それからさらに1年が経ちました。

ヤマブキは咲きました。

見事に咲きました。

お隣のモッコウバラに負けないくらい元気一杯です。

アホ旦那は思いました。
「ヤマブキすっげえ!」
花の強さ・健気さを前に己のぐにゃぐにゃさ加減が身に沁みるアホダンナだったとさ。
めでたしめでたし。

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ

関連記事

2017.04.25 | | ガーデニング

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム