初心を忘れられない園芸

また寒さがぶり返して風も吹き荒れる関東。。
春はそう簡単にやっては来ないか・・・。(-_-;)

室内の多肉はこれといって弱るでもなく、むしろどちらかというと機嫌よさげ。

もっともっと部屋に緑を増やしたいんだけど、なかなか時間がねー。(予算もねー)
数年前はもちっと平日でも暇な時期があったりして、閑古鳥鳴いてるから庭にでも出るか・・・ってなことが出来たんだけど。。。
時間が経って仕事が快調に回り始めて、そういうわけにも行かなくなってきた。いいことなんだけど・・・。
このブログを始めた頃が少し懐かしかったりもする。
園芸店で売っているジュリアンを見て、「冬でもこんなキレイな花咲くのあんじゃん!」と無邪気に驚いていた頃。
知ったばかりのペチュニアを4月上旬に地面に植えたら季節はずれの雪に降られ慌ててたあの頃・・・。
色んなことが新鮮だった。生まれて初めて持った庭はまっさらなキャンバスのようだった。
今ではホームガーデナーとして7年のキャリアを築き、植えた草花もけっこう多い。
ちょっとやそっとでは驚かなくなった・・・・
と言いたいところだが!
ガーデニングの驚異的なところは何年経っても驚きがなくならないところだ。
想定外の出来事やトラブルに見舞われて頭を抱えることもある一方、そのお陰で
(?)いまだに庭を余白の目立つキャンバスのように感じることもできる。
要するに飽きない。終わりがない。
大体こんだけ長くやってりゃもっと要領よく「胸キュン☆アホ庭」にできそうなものなのに出来ないのがその証拠であろう。
多分、「理想のインテリア」というのは案外決めてしまえば決められるのだと思う。
しかし庭の場合は屋外の自然の中で生き物を扱うので、アウト・オブ・コントロールな部分がどうしても出てくる。
野菜でも球根でも、毎年同じという訳には行かない。宿根草も手入れをしないと咲かなくなったりする。

てなわけで、ガーデニングというのはなかなか初心が忘れられない趣味である。忘れたくても忘れられない。成長してないだけじゃん、と言われれば、まあそうなのかも知れないけど・・・(-_-;)

所変わって外の花壇。

ラナンキュラスの園芸品種、「ラナンキュラス・ラックス」がこんもり茂ってきた。

こっちはアカンサスモリスの園芸品種、「エンジェル」。

また寒さがぶり返してしまったけど、こうやって新しい葉を茂らす宿根草たちを見ていると、花たちは春が来るのをこれっぽっちも疑っていないのだなと微笑ましく思う。

☆ いつも応援ありがとうございます ☆
banner (56)

よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ

関連記事

2017.02.21 | | 園芸コラム

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム