つるばらの剪定・誘引と往生際の悪い寄せ植え

今日も冷たい風が吹きすさぶ日曜日だったが、腰にホッカイロを貼って外に出た。
まず脚立を出して奥さんが梅の花粉を絵筆でモフモフ。

人工的に受粉させて夏にいっぱい実をつけてもらおうって作戦。
出来る時にやらないと散っちゃうからね。
そのあとはこれ。

暴れ狂ったツルバラの誘引と剪定。
向かって右がアンジェラ、左がサマースノー。

サマースノーはトゲがないからいいんだけど、アンジェラが鬼。
脚立に乗って、分厚い安全手袋をはめてやっても指やら首やらに突き刺さってくる。プロレスでいうところのデスマッチ。この作業やってると自分が大仁田厚に思えてくるのである。

落ちたら骨折確実。

最近はプロレスでもよくラダー(脚立・ハシゴ)を使うようになってるからな。
ラダー・マッチといって、リングの中央にハシゴを立て、はしごを上りきらないと取れない場所にベルトなどをぶら下げておき、先にそれを獲った者が勝ち、という試合。
もちろんそのラダー(脚立)を凶器としても使用するし、てっぺんから派手に落下したりもする。
傷だらけでこんな場所に立っているとそんなことを考えてしまう。。。

誘引しながら剪定もした。

けっこう切ったかな。切った枝は剪定ばさみで短く裁断してからゴミ袋へ。

スッキリー。

いちいち降りて確認しながらやったわけじゃないのに、なんかそれらしく出来たわ。
あ、そういえば上に一本ライン増やしたんだった。

借家ゆえ壁に金具取り付けたり出来ないので、こうしてシュートを括りつける場所を自分で設けないといけないのだ。
春になってここが緑のフレームに覆われると思うと胸がときめくね。

さらに今日は金曜日に買ってきた苗たちで花壇に寄せ植えを。

内庭の門扉前の花壇、アイビーばかり茂って「暴れナチュラル花壇」になってたから。
伸びすぎて地面を覆っていたアイビーとハツユキカズラをカットして、そこにストックやオステオスペルマムを植えていった。

春を待てない男の、往生際の悪い寄せ植え。

オステオスペルマムがどこまで持つかだな。

ストックも寒すぎると花付が悪くなって連続して咲かなくなったりするしね。

今日は久しぶりに庭作業できてよかった☆
通路のライトも付けられたし、バラの剪定もできたし、いろいろ進んだ。
春に乗り遅れたくない!というキモチがハートを突き動かすのかも。

☆クリックしてもらえると励みになります☆


よければこっちもお願いしまーす。m(__)m 
にほんブログ村 花・園芸ブログへ

関連記事

2017.02.12 | | ガーデニング

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム