手作りのビニール温室

日に日に寒くなる。庭の植物も霜に当たってしおれてしまったり、寒さに負けて枯れたりしている。先週、ユーフォルビアとカランコエを鉢に移し替えて玄関に取り込んだ、という話をしたけれど、その時はまだ未完成だった温室が完成した。うちの奥さんの手作りである。
不要になった衣装ケース棚(チェスト)をノコギリで真っ二つに切り、その間に園芸店などで「大人買い」したときに持ち帰り用としてもらえる網目のケースを置いた。チェストの枠とケースは針金で連結し固定。多少左右にぐらつくが、ギューっと留めれば大丈夫。なんなら一番下に重いものを置けばいいし。園芸店でもらえるケースは網目なので針金を通すのに好都合だった。
で、その上に百円ショップで売っているビニールのテーブルクロスをかけ、両サイドはマジックテープで留めるようにした。つまり、のれん式に下から巻くりあげるタイプである。
マジックテープ以外はすべて家にあるもので済ませたので100円で出来た。難を言えば、鉢を載せるケースが柔らかいので、あまり重いものは乗せられないことだろうか。それでも真中の段にはカランコエが4鉢載せられた。スペースがないので無理だが、もう一鉢はいけそう。
冬は霜よけ&冬越し用に、春は種から育てる植物の育苗棚、真夏は裏庭に持って行って夏越し用の避難所としても使える。
ちなみに僕は針金を巻くのと、マジックテープを張り付けるのを手伝った。それから「見苦しいものは作るな」「ちゃんと密封しろ」などと上から目線でアレコレ注文をつけて作っている人のやる気を萎えさせる係を担当した。そんな不条理な目に遭いながらも頑張って完成させてくれた奥さんに感謝!花も喜んでます。


クリックしてもらえると励みになります!
br_decobanner_20111130170706.gif


関連記事

2011.12.15 | | 園芸アイデア

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム