テキト~なチューリップの植栽

チューリップを植えた。去年掘り起こした球根を裏庭に取りに行ったら、もう芽が出ていた。

P1040625.jpg

植えるのが面倒だったのではない。植えるスペースを確保するのが面倒だったのだ。まだ花壇にはクフェアやら友禅菊やらオステオスペルマムやらウィンター・コスモスやらが残っていて、チューリップを植えるにはこれらを行政代執行してどこかに移し替えなきゃならなかったのだ。それがめんどい。その気になれば10分で終わる作業なんだが、寒いし、クフェアがこの期に及んで花をつけ始めたりしてなんとなく先延ばしにしていた。そしたらチューリップの芽が出てしまった。
結局それらはプランターに移し替え、裏庭に持って行った。多年草なので捨てはしない。特にオステオスペルマムはまだ冬の2月下旬あたりからキレイな白や紫色の花を咲かせるので貴重である。


P1040626.jpg

チューリップは赤・白・黄色・ピンク。全部で20球くらいあったが、それに加えて玄関に転がっていた原種系チューリップ、アイリス、フリージアの球根も一緒にばらまいた。土をかぶせた瞬間にどこに何を植えたか分からなくなるので、春が来て一体どんな状態になるのか今からハラハラドキドキである。

クリックしてもらえると励みになります!
br_decobanner_20111020215405.gif



関連記事

2011.12.12 | | ガーデニング

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム