コンビニと超高齢化社会

近くのコンビニで多肉が100円で売っていた。

そう、かつて開花株のヘレボを300円で叩き売っていたのと同じコンビニである。
今年もやってるかな~と期待して覗いたらヘレボはなかったが多肉があった。
そのコンビニは花苗も安ければ野菜はさらに激安で、スーパーの半額近い値段で白菜やホウレンソウが買えてしまう。
もっとこういうコンビニが増えればいいのに、と思うが、なかなかそうも行かないだろう。そんな自由をどのオーナーにもホイホイ与えていたら、統制が利かなくなってセブンのようなファミマのようなローソンのような、いやドラッグストアのような肉屋さんのような園芸店のような、訳のわからないコンビニが横行しそうである。
自分のカラーを出したいなら本社を驚かせるような「数字」を出してからにしろ、という世界なのに違いない。(そして頑張って数字を出しても最小限の自由しか認めてくれなさそうである)
しかしそんな色気など抱く余裕もないほど、今のコンビニ経営は大変に違いない。
コンビニの利便性・機能は年々高くなっている。
品出しや商品整理、清掃、レジ打ちといった基本作業から、宅急便の受付、公共料金の支払い、切手の販売、調理場で揚げ物もすればソフトクリームもぐるぐる、コーヒーマシンへの豆やミルクの補充・メンテ、コンサートチケットの販売、お歳暮や御節、クリスマスケーキの予約、本の販売、ネット決済の手続き、店舗によっては県証紙の売りさばきもする。
おまけにブレーキとアクセルを踏み間違えた車が突っ込んできたり、強盗が襲ってくることもあり得る。DV夫やストーカーから逃げて駆け込んでくる客もいる。
外国人が店員をしていることがよくあるが、彼らへの指導だって先輩店員がやるわけで、その労力たるや想像に難くない。同時に、教えられる側の外国人も覚えることが膨大で大変だろう。
認知症の高齢者だって来る。
実は別の近所のコンビニで、奥さんがとんでもない光景を目撃した。
奥さんがコンビニで買い物をしていると、一人の老人が入ってきた。全身がひどく汚い。外は雨で、老人は傘を持っていた。
でも下半身は裸だった。
幸い、裾の長いシャツを来ていたらしく露出はしていなかったらしいが、下半身にこびりついた汚れが跳ねた泥なのか違うものなのか疑いたくなるほど、ボケの進んだ老人だったという。
店に居合わせた若い作業員風の客が「ちょっ・・おじいちゃんおじいちゃん!」と苦笑しながら老人を諭したそうだが本人はどこ吹く風。店員が外に連れ出すのにえらく苦労していたそうな。
「なぜ来るんだろうね。コンビニなんかに」とその話しを聞いたとき僕は奥さんに言った。
「相手してくれるからじゃないかな。なんだかんだ、周りがかまってくれるでしょう?だって店員さんたち、すごく親切に対応してたもの。追い出すって感じじゃなく。頭が下がったよ」
人口は減る一方で高齢化が急激なスピードで進むこの国にあって、コンビニだけが増えてゆくというのは、つまり、今後コンビニが高齢者の受け皿になってゆく、ということでもある。
ただの高齢者ならともかく、上述したような認知症の高齢者が人恋しさにフラフラとやってくる確率だって、増してくる。僕らがそういう場面に出くわす確率も高くなる。
自分も何か手を貸さなければならないときが来るかもしれない。
そんなとき、上の店員さんのような温かい手を差し伸べられるだろうか。全く自信がない。。。

コンビニはもはや、単なる「24時間営業の便利な場所」という次元では語れないものになりつつある。
「店」と言うより、社会そのものなのだ。日本そのものである。

コンビニに行くのイヤだな、と思うような未来はきっと暗い未来に違いない。
そんな時代にはしたくない。

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花・園芸ブログへ

関連記事

2017.01.11 | | 時事問題

«  | ホーム |  »

プロフィール

祐平

Author:祐平
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム