イギリスの園芸グッズ

昨日益子に行った話を書いたけれど(コチラ)今日はその続き。「植木鉢の大塚」の店員さんから貴重なお話を聞かせていただいた後、車に戻ってふと前を見ると、一枚の看板が目にとまった。そこには
「いしのひろば はぎわら 墓石からガーデニングまで」
と書かれていた。「車で20分」とも書いてある。いまのところ墓石に用はないが、「ガーデニングまで」というのが気になる。時間もあったし、行ってみることにした。

看板の地図通りに車を走らせると、いつの間にか茨城県に入っていた。車で20分と言っても、益子は茨城寄り。目的の店は茨城の桜川市にあるのだ。

「いしのひろば はぎわら」に向かう途中、「海鮮うまいもん屋 ごほう」という和食レストランを見つけた。ちょうどお腹もすいた頃だったので入ってみた。初めて見るお店だったが、ボリューム満点、刺身も美味しい、ごはんおかわり自由だし、ドリンクも百円だし、最高だった。
なにより店員さんが営業的な笑みではなく、自然なほほえみを浮かべながら接してくれるのが気持ちよかった。食べ終わったそばから待ち構えていたように「お下げしてもよろしかったでしょうか?」なんて言いに来ないし。茨城西部をうろつくときはまた来よう♪

その「ごほう」から国道50号を佐野方面に十分ほど行くと、左手に「いしのひろば はぎわら」が見えた。一瞬パチンコ屋かと見まがう石材店らしからぬ派手な外観&ロゴで、並んだ墓石が浮いてるの何の・・・。ほんとにガーデニング・グッズなんて置いてるのかな・・・。

と思ったら中に入るとこの風景。僕たちが入ると二階からOL風の女性が降りてきて、小さな声で「いらっしゃいませ」と言ったかと思うと、隠れるようにレジの奥に座ってデスクワークの続きをし始めた。なるほど、普段は二階で業務をして、客が来たら接客のために下りてくるらしい。つまり、ここは「ショップ」ではなく「ショールーム」のような位置づけなのだ。そのせいか、値札も控えめだし、POPもほとんどない。


イギリスの園芸ブランドと提携して
いるらしく、ジョウロ、あさひも、園
芸用具、鉢カバーなど、珍しい輸
入ものの園芸資材が並ぶ。

 
 

輸入品だからかブランド品だからか、それとも売る気がないのか、どれもとても「安い」とはいえない値段がついているのだが、外国の園芸用品を手にとってまじまじと見る機会はなかなかないので新鮮だった。それに、探していた物の「実物」を見ることも出来た。

ウィング・ウィーダー!

これは以前ポール・スミザー氏がBSフジの園芸番組で、雑草を取る魔法の道具として紹介していた品である。刃の部分を前後にシャコシャコやって雑草を切断する。これは柄が短いが、柄が長いと以下の写真のように立ったままサクサク除草が出来るという。番組内で実際にポールがやっているのをみて欲しくなり探したのだが、実物を見たのは初めて。ちょっと感動。

買おうかと思ったが、4000円近くしたので諦めた・・・。

これは前にも書いたが(11/15『園芸雑貨は高すぎる!』)、日本の園芸資材は<高級でお洒落か、ダサくて安いか>の二通りしかなく、中間がない。安っぽいポリエチレンのジョウロが嫌だと思っても、次に来るのはその三倍以上の値段のブリキのジョウロ、というのが現状で、「そこそこ可愛いしまあまあ安い」園芸資材が乏しい。
しかしここに置かれているイギリスの園芸資材を見ると、柄の尻の部分に皮のバンドが付いていたり、たかが麻ひもなのにカラフルな色が付いていたりと、クールに見えるように工夫されている。ちょっとしたことだが、この「ちょっとした工夫」があるのとないのでは大違いなのだ。
日本の園芸資材に足りないのは色の選択肢だ。ジョウロは緑、バケツは青、ホースは水色と、まるで法律でそうしなさいと決まってでもいるかのように固定化されている。画像にはないが、ここには黄色いホースが売られていた。しかし「黄色いホースなんか初めて見た」と思うこと自体が異常なのである。
牛丼の種類からラーメンの味、携帯電話の色、フリースのバリエーションまで、日本人は次から次へと新しいものを生み出す「飽きっぽい民族」なのに、なぜ園芸の分野では我慢強く昭和の時代から何一つ変わっていないようなポリエチレンのジョウロやバケツを使い続けるのだろうか??僕には理解できない。これは地上波のチャンネル数(つまりテレビ局の数)が一律で、何十年経とうと減ったり増えたりしないのを不思議に思わないのと似ている。
そしてこのような「そういうものなんだからそういうものだ」的な意味不明な、そして非合理的な不文律が僕は大嫌いなのだ。

益子にお茶碗を買いに来ただけなのに色々と考えさせられる旅になった。これだから旅は面白い。

☆クリックしてもらえると励みになります☆

banner (3)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村


shop_here.jpg

関連記事

2011.12.09 | | 園芸店めぐり

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム