仕事納めとシクラメン

今日、どうにかこうにか仕事納めすることが出来た。焦っていたので無理やりポケットに押し込んだハンカチみたいな納め方になったけど、まあいいのだ。

仕事面で一区切り付いたので、あとは家だ。庭だ。
事務所の内部も大改造することに決まった。
仕事の量が増えて、書類の管理がいい加減困難になってきた。ファイルは棚にぎっちぎちに収まっているから取り出すのも戻すのも大変だし、置く場所がないからいろんな物があちこちに分散したり、良くない状況である。使おうと思っていたものがない、どこにあるか分からない、では、緊急の時に困る。ストレスも溜まる。
奥さんが一番大量に仕事を抱えているので、奥さんの机が一番大きく、そして汚い。PCという火山がマグマを噴き出したみたいになっている。溶岩流が机の周りの床にまで流れ出ている。ぶっちゃけ、掃除機をかけてあげたくてもそこまで行けない。近づけない。本人は「フライパン山」と表現しているが。
もともと片付けが苦手な人なのだが、仕事となると意図的に「片付けない」。胸を張って、誇りを持って、片付けない。
これは彼女の流儀である。他人が勝手に片付けたり物を移動したりすると怒られる。パソコンの画面で<やりかけ項目>を別窓で開きっぱなしにしておくように、目に見える範囲で書類を「そのままに」しておきたい人なのだ。
かといって終わった仕事をキレイに片付ける時間も場所も空間も(もはや)ないので、溜まる一方になる。すべてが「やりかけ」か、「片付け途中」になる。
もちろん奥さんだけでなく、似たような問題をそれぞれが抱えている。
そういうわけで、庭も大事だが事務所の大改造もすることになった。より動きやすく、働きやすい環境にするために、いま奥さんの頭はアイデアの火山が噴火していることだろう。
・・・と思ったらただアマゾンを覗いてるだけだった。 Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン 

窓辺のシクラメン。午後4時11分。

西日が一瞬、優しくなった。すっと翳り、ゆっくり、明るくなった。
冷たい火曜日の、昼と夜の狭間の窓辺。
あわい光を窓越しに、咲く。
恋が集う。

葉の数だけ咲くという。
ならば咲いて、咲いて、冬の出口へ誘ってくれ。
かがり火の花弁で、かじかんだ心を照らせ
ここにいるから。

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花・園芸ブログへ

関連記事

2016.12.28 | | 未分類(日常、随筆)

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム