小池劇場に思ふ

小池百合子の主催する政治塾に約5000人が参加を希望し、そのうちの3000人が入塾したとかしないとか。

あの人から一体何を学ぼうというのか理解に苦しむ。
民主主義のルールに則って議会で議決し、無数の人間が汗を流して国際社会にお願いしてきたことを今更になって深く考えもせずひっくり返し、メディアを使って自分を英雄に見せる方法を学びたい、というのなら別だが。
個人的には同氏には世渡りの上手さと運の強さは認めても、政治家としての魅力は微塵も感じない。
民主党も小泉純一郎も橋下徹もそうだったが、ポピュリストはみなワンパターンである。
自民党、派閥、地方議会、都議連・・・マスコミ受けする<わかりやすい敵>を用意して、それらを完膚なきまでに否定することで自分を大きく、正しく見せようとする。
この手の人は野心はあってもビジョンがない。国家的スケールでの戦略、連綿と続いてきた日本史と現在の日本との関係性、それに基づいた正しい歴史認識と国際感覚、そして文化的な知性と教養、ユーモア。
こういったものがない。もしくは欠けている。
嗅覚や反射神経は鋭いが、地に足がついていない。
だから何をするよりまずぶっ壊そうとする。
無意味に郵政民営化だ規制緩和だとわめく、ありもしない埋蔵金を求めて仕分けだなんだと役所を叩く。二重行政だ都構想だと言って引っかき回す。
否定、否定、否定。。。破壊。
見直し、撤回、白紙に戻す・・・彼らがそのような派手でセンセーショナルな行動に走るのは、このような裁量的行動は経験も能力もさほど必要なく、かつ、マスコミさえ味方にすればどれだけでも美化してもらえるからだ。
さらに「敵」が自民党とあればマスコミはホイホイ乗ってくるから劇場化はカップラーメンを作るより簡単である。

豊洲や五輪の透明化など、いつ東京都民から「早急に解決してくれ!」と声が上がった?
カンケーない。
どこから聞こえてきたか誰にも分からないが、カンケーない。本当は待機児童をどうにかして欲しいとママさんたちは願っているだろうが、カンケーない。
小池百合子はやりたいようにやる。小池がやりたいことをやる。
いま彼女は政治家人生でおそらく初めて、ヒロインになれたのだ。ジャンヌ・ダルクの快楽ほど野心的な女を酔わせるものはない。
自民党と敵対している限り安倍首相のように「権力の暴走」などというアホな批判を受ける気遣いはないし、周りにいるのはたかが地方議員である。派閥の領袖や政界のドンじゃない。大臣まで務めた人からすれば、サルにしか見えないのではなかろうか。
要するに彼女は東京をナメている。
地方政治をナメている。
そういうオーラがむんむん出ている。
だから政治塾などという思い上がった発想が出てくる。
児童虐待や待機児童やストーカー被害やワーキングプアや仕事と育児の問題、首都高の渋滞緩和・・・いろいろやることはあると思うが、その目には光り輝く自分しか映っていない。

そんな人の政治塾に入るくらいなら、いまアメリカ合衆国大統領になろうとしている大富豪の靴でも磨いたほうがまだマシだ。
少なくとも彼は自分をヒーローや善人になど見せようとはしていないし、スポットライト症候群でもない。

小池氏を見ていると、いかに都知事というのが強大な権力を握っているかというのがよく分かる。
そういう意味で、勉強にはなる。

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花・園芸ブログへ

関連記事

2016.11.01 | | 政治

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム