冬へ。

郵便局へ行ったら、年賀状の申込用紙を渡された。
思わず「早っ」。

スーパーに行ったら、レジ横に「おせちご注文承ります」の広告。

まだ庭のサツマイモの収穫もしていないのに「おせちどーよ」と言われてもピンと来ないが、これが不思議なもので、ここからがタタタタンと速かったりする。

山が紅く染まり、色とりどりの落ち葉で埋まった街路にすれ違った女のブーツがコツコツ微笑(わら)えば、冬である。
地下道の階段から見上げた夜のネオンが澄んで見えたら冬である。
作り笑いに風が当たって、心にハモニカが鳴ったら冬である。
図書館の陽だまりに恋を浮かべて、途方にくれるのが冬である。

冷たい朝の光の中で、悲しみを燃やした。
静かな長い夜に、入り口を見つけた。

寒いのはダメだけど
暖める楽しさがある。

☆クリックしてもらえると励みになります☆


よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ

関連記事

2016.10.17 | |

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム