日陰でがんばる。

日陰の庭に植わっている八重咲きのインパチェンス。花が咲いた。

薄暗い、色の乏しい空間だから、モノクロ映像の中の紅一点のように際立って見える。

奥さんがインパチェンスのファンで、庭のあちこち・・・特に日当たりの悪い場所・・・にインパチェンスを植えている。

日陰でも花が咲いてくれるというのは本当に助かる。

うちは通路から内庭、ポタジェまで、決して日当たりに恵まれているとは言えない環境。特に玄関周りなど南向きにもかかわらず柿や梅など背の高い庭木と隣家の壁に阻まれて1年を通して日陰・・・。だからもちろん玄関の中(靴脱ぎ場)も暗くて、昼間でも曇りの日など電気をつけないとかなり陰気である。
そういう場所でも、たった一株のインパチェンスがあるだけで、その空間に意味が生まれて、未来が浮かんでくる。可能性の端緒が見えてくる。花が花を呼ぶのだ。

日本の住宅事情を考えると、全ガーデナーの3分の1くらいの人が、日当たりのあまりよくない庭、もしくはベランダで頑張っているんじゃないかと思う。都市部のガーデナーに限って言えば、その比率はもっと上がるだろう。
色んな制約のなかでいかに素敵な庭にするか、自分が満足できる空間にするかがホームガーデナーの仕事であり楽しみでもある。耐陰性の強い花を探し集めるのもまた楽しい。
あきらめず頑張ろう~。

☆クリックしてもらえると励みになります☆


よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ

関連記事

2016.10.14 | | ガーデニング

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム