止まる庭。

夕方には止んだが、せっかくの土曜日もまた雨で何も出来ず。

こんな天気ばかりだとたとえ晴れても庭に出て何かをしようという気がなくなってしまう。心が晴れない。

まあ、本当言うと晴れだろうと雨だろうと今は仕事が忙しくて庭作業にそれほど時間をかけられなくなってはいるんだけど。

幸い、9~10月は夏に植えた苗たちがまだ頑張ってくれるし、一部の春に植えた花や多年草が返り咲いてくれたりもするのでなんとか放置でも保てるという。。雑草が生えるペースも落ちるし。
そんなわけで倒れた風見鶏の修復はまだ。。連休中に出来るかどうかさえ怪しい・・・。
止まる庭・・・。
庭とは家人の手と植物たちが織り成す楽園だから、家人が庭に出ないと庭は止まる。
植物に自我や意思があるかは分からないが、家人のことを「認識」はしている。 と思う。
だからあまり外に出ないでいると庭も寂しがる。元気がなくなる。
そういう点では動物に通じるところがある。
逆に僕らが活発に庭の中を動き回っていると彼らも何となく楽しそうに見える。
こちらの活気が伝わるのだろう。
人と植物はつながれるのだ。
愛さえあれば。

☆クリックしてもらえると励みになります☆


よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ

関連記事

2016.10.08 | | ガーデニング

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム