シニアなロック

こんな雨ばっかりの毎日だからネットショッピングで憂さ晴らし!
・・・という訳でもないのだが、久しぶりにCDを買った。

普段、あまりCDは買わない。マストバイ的な名盤の類はあらかた持っているし、持っていなくても図書館で借りられる。(さいたま市の図書館はその辺のレンタル店などよりずっと音楽CDの蔵書が豊富なのだ)
何かの拍子に「おっ!」と思う曲なりバンドなりが現れたらユーチューブでPVを観る。で、大半がそこでアウトになってしまう。よくよく聴くと平凡だったり、ルックスが残念だったりして。
こいつ(ら)のCDを買いたい!日本版でライナーノーツから対訳まで残さず読みたい!ボーナストラックまで余さず聴きたい!と思うほどのニューフェイスがいない。
特にロックバンドは悲惨だ。
音楽性以前に、数も少ない。もはやロックバンドという形態そのものが廃れ始めているような気がしてならない。
ジョン・ボンジョヴィにしてもMR.BIGのエリック・マーティンにしても、もともとはピンのソロシンガーとして売られていたが、紆余曲折を経て結局はバンドのシンガーに収まっている。今だったら多分バンドの顔にはせずに、ジャスティン・ビーバーのようなアイドルとして売られていただろう。「アメリカン・アイドル」でひとり異彩を放っていたアダム・ランバートも、あんなにロックロックしたヤツなのにピンのままなのも、「バンドじゃ売れない、バンドは面倒くさい」というレコード会社の判断が背後にあるに違いない。
そういう時代なのだ。メジャーシーンにおいてロックバンドは絶滅危惧種といってもいい。とにかく活きのいい若手がいない。
ポップスシーンはテイラー・スウィフトとケイティ・ペリーという大型新人が出たお陰で活況だが、ロックシーンとなると「アラフィフ」やそれ以上のオッサンたちがなんとか再結成だのフェアウェル・ツアー(解散ツアー)だので話題を作り引っ張っている状況である。
洋楽専門のニュースサイトを開いても、クイーンのブライアン・メイが怒ったとかスティーブン・タイラーがまた勝手なことを言っているとかオジー・オズボーンが泣いたとか、ベテラン勢の話題が大半で、それで持っている感じだ。
ロック史最後のロックスターは皮肉にもロックスターになることのジレンマに苛まれて自殺したカート・コバーンだが、彼も生きていたら49歳である。
リスナーの平均年齢が上がってるんだからやる側が高齢化しても不思議はないのだが、あまりにも若手が元気がなさ過ぎる。
全人口のうち65歳以上の人間が21%以上を占める社会を「超高齢化社会」というが、ロック界も「超高齢化シーン」になるのは時間の問題であろう。
「ロックは若者の音楽」なんて時代はとうの昔に終わっているのだ。
いまの65歳は夫婦でポケモンGOだってやるしね。

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花・園芸ブログへ

関連記事

2016.09.25 | | 音楽

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム