庭の息吹

2014年5月、庭の隅っこにラフランスと豊水を植えた。

2年経ってこんなに大きくなった。

もう立派な木である。

僕は木というものを植えて育てたことがない。子供の頃、学校の行事で記念樹くらいは植えたかもしれないが、自分で買って来た苗木を、自分で穴を掘って、自分の手で植えたことは一度もない。
だからか自分が植えた木を見上げるこの感じ、ちょっと感動。
前の借家では「自分の背丈より高くなる木は植えるな」という条件が付いていたので、庭木といえばせいぜいユキヤナギを、それもコンテナに入れて植えるくらいしか出来なかった。大家としては大きくなった庭木を放置したまま出て行かれるのが怖かったのだろう。
その点、この家では既に自分の背丈どころか家の屋根より高い柿の木や、電線に届きそうな百日紅が植わっており、ラフランスごとき植えたところで毛が一本増えたようなものである。今の大屋さんには庭は自由にしていいと言われている。庭木を抜こうが増やそうが好きにしてくれていいと。
木を植えられる自由。
もっとも、これ以上何か樹木を植えようとは思わない。植える場所もないし、なにより、もともと植えられていた、大屋さんのお祖父さんの思いが込められている(であろう)庭木の管理を通して何かを学ぶほうが楽しい。

さて、そのラフランスに変化が。


花が咲いたのだ。はじめての花だ。
一向に咲く気配がない、こりゃあただ茎と葉を楽しむ為だけの『なんちゃってラフランス』かなと思っていたので喜びは喜びなのだが・・・・ご存知の通りナシは普通、春に花が咲き、夏に実が成る。今花が咲いても意味はない。涼しいから勘違いしたのだろうか。
でも一応こうして咲いたということは、来年の春にもちゃんと咲いてくれ、実も成るってことだよね。楽しみにしていよう。

日陰の庭でも小さいけど大きな発見。


シュウカイドウに花キターーー!
第一号。まさか発芽1年目で咲いちゃうとは。タフだな。。。

ショウガ出来てたー。
って。。。ショウガ作ってたこと書いてあったっけ。。
実はサトイモの脇に埋め込んであったのだ。

土寄せして隠しておいた。

季節が変わると、庭も変わる。
コオロギの声しか聞こえない夜中や、カラスがあくびする明け方、庭のあちこちで小さな小さな変化の爆発が起きている。それは星の死のようにサイレントで、遠く、どこか優雅で、同時に謎めいていて、庭を濡らす雨音の衣をまとって、俺の耳を通り抜けてゆく夜の風のようにいとおしい。
にわのいぶき。

☆クリックしてもらえると励みになります☆


出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花・園芸ブログへ

関連記事

2016.09.18 | | 庭木・果樹

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム