三重とウミガメとみかん

仕事で三重まで行ってきた。伊勢神宮に行って、それから熊野方面へ。
泊まった宿の部屋からはこの景色。

この宿、実はリピなのだが、そのときは冬で、こんなに海がキレイだったとは知らなかった。
勘弁してくれよ。
もう9月、さすがに泳いでいる人はいないけど、仕事放ったらかして飛び込みたくなる。
テラスには鉢植えのマンデビラ。

来年の夏はここで泳ぐ。決定。
チェックアウト時に受付の人にいつまで泳げるのか訊いたら、別に今でも泳ごうと思えば泳げますよ、クラゲもそんなにいないし、とのこと。
「そういえば昨日、そこでウミガメが泳いでましたよ」
多摩川だの荒川だのにアザラシが出ただけでニュースになる場所から来た人間からすると、なんというワイルドアースな日常。
「てか、何で関東人ってそんな泳ぎたがるん?」
ホテルをあとにし、仕事で顔を合わせた地元の人にあきれられた。
「東京サマーランドに1万人って、どゆこと?」
そういうニュースを見たのだろう。
「しかしここの海は海水浴にもってこいですね。浜辺に人っこ一人いませんが」
「昔は凄かった。特急列車が臨時停車するくらいやった。今はあかん。全然」
「何でですか」
「親が子供を連れて来ん。焼けるのがイヤとか言うて」
「へえー」

そこからさらに南へ走ってたまたま入った道の駅。
なんと・・・(驚)。

むちゃ人懐こいよ。

いやこれならマジで甲羅に乗って竜宮城まで連れてもらえそう。酸素ボンベ背負ってれば。

車を止めて、無人の浜辺に降りた。

こんな場所でたそがれる、キザな時間があったっていい。
たまには。

お土産にみかんを買ってきた。通りかかった御浜町という所は「年中みかんのとれる町」をキャッチコピーにしているのだ。
左が露地物で、右がハウス栽培。直売所のおばちゃんによると、露地みかんは今年最初の出荷分で、正真正銘の初物だそう。

左の露地みかんは「みかんらしい味がするヨ、それが好きな人もいる」と言っていたが。。。


青いし、要するにスっぱいんだろいうなーと思っていたら、これが甘くて、びっくりするほど美味しい。
ハウスのみかんも「甘いだけ」でなく、水っぽくもなく、整った、果物本来の甘さ。エレガントなみかん。
スーパーの安物のみかんじゃ飽き足らなくなるかも。。。。

 ☆クリックしてもらえると励みになります☆ 
banner (47)

 よければこっちもお願いします 。 

にほんブログ村 花・園芸ブログへ

関連記事

2016.09.03 | | 行ってみた

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム